2021年02月03日

「『Sound of TOKIMEKI』(虹ヶ咲のサントラ)を買う。」1/29-31のあれこれ。

2月2日は晴れ。朝方まで雨が降っていたみたいだが、出勤時刻の7時半ごろには既にあがっていた。

-3VC438c.jpg
<『Sound of TOKIMEKI』>

週末のあれこれ。
姫路城近くにある古書店・岩崎書店はザ・古書店といった佇まいで、郷土本が充実している。『播磨鑑』もここで入手した。
その近くにある一般の書店である黒田書店も神戸新聞総合出版センターで刊行されている書籍が充実しており、絶版本を多数入手した。
『多可郡誌』については、復刊本を難波の古書店で入手した。


由来
播磨国風土記によれば、大男が多可に来て、「ここは空が高い」と言ったことから、多可と名付けられた、とのこと。

父親の作るハンバーグと似ていて、かなり懐かしい味がした。思っていたものとは違ったが、これはこれでアリと思えた。さわやかやアップルグリムとは違う系統の味。

姫路、日本橋のメイトやソフマップで虹ヶ咲のサントラを探すも見つからず、ようやくなんばのタワレコで見つけ、購入した後、20時前に滑り込んで食べる。成し遂げた後であったのでいつもより美味しかった。


『Sound of TOKIMEKI』
最 the 高。作中のシーンが自然と脳内再生される。
「ラブライブ!」シリーズと言えばストリングスが多用されているイメージがあるが、この虹ヶ咲の劇伴に限って言えば、木管(特にオーボエ)も随所に光っており凄く満足度が高い。虹ヶ咲は物語やデザインのみならず、音楽にも恵まれた作品だったように思う。サントラとライブシーン集の動画だけでしばらく頑張れる。

サントラの中で、強いて特に好きな曲をあげるとすれば、
「色とりどりの虹」
「トキメキへ!」
「それぞれの想い」
「朝陽」
「潮風のリズム」
「自分をさらけ出せ」
「Look at me.」
「色ととりどりの虹 EDM ver.」
「虹のふもと」
だろうか。
「トキメキへ!」は、この曲名以外に合うタイトルが思いつかないぐらいにドンピシャなものだと思う。

以上。
posted by ふおん at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月04日

2020/2021年、年末年始のあれこれ。「明けましたけど、おめでたい?」

年末年始は当初、九州まで船旅をする予定であった。が、29日時点での予報で、瀬戸内海でも相当時化る予報(30,31日が2-3m)が出ていたため泣く泣く断念し、3,4日を除いて家で引きこもることになった。
そんな年末年始のあれこれ。



虹ヶ咲(ニジガク)完結
「ラブライブ!」と題しているので、無印やサンシャインのようなものを想像していたが別物であった。これは「虹ヶ咲(ニジガク)」という独立した作品で、間違いなくこの点に惹かれた。


1stアルバム「TOKIMEKI Runners」にある、朝霞果林「Starlight」と宮下愛「めっちゃGoing!」が良い。2nd、3rdも聞いた感想としては、1stアルバムがアニメの楽曲と近いような気がした。(ので、アニメからそれ以外の虹ヶ咲の楽曲を聞き始めるなら、1stを聞いてみるのが良いと思う。)



RTA動画制作中…
地名の由来が書かれた一文を探すのに2時間かける…
動画自体は50%ぐらいの進捗。1月中に上げれればいいなぁ。


新型コロナに対する感覚麻痺?
第1波が襲来した4月は本当に人が出ていなかったが、2波、3波と経験するにつれて、騒動が出る前に近い人でが市中に戻っているような気がする。それが良いのか悪いのか、私には判断できない。


あだしま
最終回良かった。原作を読み進めていきたい。



年越しそば(うどん)
某記事によれば、安いそばの80-90%は小麦粉(茶色い細うどん)なので、そばであろうがうどんであろうが変わらないのでは?


宇治の強さ
今年は弘前とか藤沢とか行きたい…


おせち
去年のおせちもどきと比べると、まごうことなくおせち。社会人パワー。



山我『キリスト教入門』岩波書店
ヨーロッパ政治思想の参考のために読んでみたのであるが、非常に興味深い内容であった。
カトリック、東方正教会、プロテスタントの他、キリスト系の新興宗教についても触れてある点も評価が高い。
一番興味をひかれたのは、「Q資料」など原始キリスト教(「ユダヤ教イエス派」から「キリスト教」誕生)が発生する部分であり、もし高校生時代に読んでいたら、神学部を受験しそうな程であった。危ない危ない。



8番らーめん
倉敷広江を当初攻略予定であったが、出発が昼と遅れに遅れた結果こうなった。しかし、残すところ3店舗。もう少し。



なんば泊とテンキーの5
JR大阪駅御堂筋口の目の前にikariというスーパーがあるということを知り(Deri Cafeの横)、そこで寿司を購入。これは便利。
丁度天気の子が地上波で放映していたので見る。劇場で上映していたころ、「君の名は。」と変わらない、それを自分の中で超えることはないのではないか、と思い、劇場に足を運んでいなかったのであるが、非常に面白かった。就活が長引いている点も含めて、夏海さんが好き。


翌4日、神戸駅前OPAのジュンク堂で『ヨーロッパ思想入門』などを買い、帰宅。



思いがけない発見もあった年末年始であった。



■追伸

今年の目標も書きたい(昨年の反省も…)のであるが、時間が足りないので後日…

posted by ふおん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月10日

冬のボーナスの皮算用。

どうやら弊社では冬のボーナスが支給されるらしい。流石に前年度比で8割程度に留まるとのことだが、初の満額支給である。ありがたく使おう。



使いみちとその候補
・DENON PMA-60
プリメインアンプ。当初、USB-DACを探してDA-310USBに行き着き、家電量販店で実物を見に行ったところ、その横にPMA-60が置いてあった。機能としてはDA-310にアンプ機能を搭載(むしろ、DA-310がPMA-60からアンプ機能を除いた)したものであり、スピーカーを追加することもできる。現在のPCはモニタ内蔵のスピーカーを使用しており貧弱な環境であるので、スピーカーを追加できるこっちのほうが良いのかもしれない。(ただし、冷蔵庫が近いのでもれなくノイズが入る。)
50kぐらい。

・借金の返済
引越し費用として10万円ほど親から借りていたので、その返済。

・大学入学のための貯金
後日改めて書こうと思っているが、工場労働は時間が過ぎるのが早く、気がついたら給料が振り込まれているような、楽といえば楽な仕事である。だが、人生を猛烈に消費しているような気がして嫌なので、なにか継続して実現できること、として通信制大学への入学。
150k程度必要であるが、そのうち50kあれば良い。

・卓上電気鍋
室内で鍋をするため。15kぐらい。鍋は別途か?(+5k?)

・秋アニメの円盤とサントラ購入。
虹ヶ咲はBD購入したい。
サントラは、虹ヶ咲、神様になった日、魔女の旅々が欲しい。

・RTX3060
GTX-970とGT-710では流石に4画面が厳しくなってきたので。40k。

・LCD-M4K321XVB
メインモニターを4Kにしてみたい。60k。

・HDDの購入
Dドライブの容量が切迫し、Cドライブも圧迫しており、早急に改善したい。


支給額の皮算用
社員の平均支給額は発表されたが、実際にどれだけ支給されるのかが不明である。というのも、入り口(職掌。総合職か一般職、製造職)によって支給月数が違う(と思われる)からである。

入社前にもらった大学新卒者(総合職採用)の場合、1年目の実際(2018年度)の賞与支給額が3ヶ月弱ほどとなっていたが、職掌関係ない、社員全体の平均支給額が夏・冬合わせて約3ヶ月であった。今年の夏の賞与が半月であったので、都合2.5月弱が想定されるが、そうすると、平均支給額より1月ほど多い計算になる。
また、現場の社員の方に賞与の話を聞いた時は1月程度と伺っていたので、現場職と総合職では差があるものと思っている。

果たしてどれだけ頂けるものであろうか。
1.5を最低ラインに、1.8で満足、2で大満足と心得ておこう。



■追伸

2月あったらモニター買おう。
タグ:会社
posted by ふおん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記