2024年06月10日

Skebの依頼画を額装してみた その4

_MG_2006.jpg

藤原々々さんに依頼して描いていただいた画のうち、1月に描いてくださっていた「一緒に統計学を学んでいる広川卯月の画」と5月に描いて下さった「初夏の長崎(セーラー服×紫陽花)の少女をテーマとした画」について、両方出力して額装してみた。

_MG_2007.jpg
〈広川卯月(眼鏡・統計学)〉

圧倒的かわいさ。

づっきーは大学生編において横浜市立大学統計科学学部に進学したことになっているが、作中で統計学を学んでいる描写がないのと、あと自分が統計学(統計検定)や情報系試験・資格の勉強をしているので、一緒に勉強している画が見たかった。

統計については3級の時点で心が折れかけていたが、この画を見るとナイーブになっていた気持ちにスーッと効いて……これは……ありがたい。

これの画をスマホの壁紙にして、また32インチの縦置きのモニターに表示しながら資格の勉強を進めていたが、すべての試験において合格することが出来た。

画単体としてもさることながら、精神安定剤的な副次的効果もあり、効用が極めて高い。


_MG_2010.jpg
〈紫雨風奏〉

初夏の長崎(セーラー服×紫陽花)の少女をテーマとして依頼した画。
タイトルは頼んでつけて頂きました。

画自体は一枚の画なのだけれども、長崎を舞台にした作品の一ページ、奥行きや背景のある作品と感じた。
彼女に悲しい出来事があって、雨の中長崎水辺の森公園の風のガゼボ前で演奏していたところに出くわしたシーン、彼女との物語が始まるような趣の一枚。
ゲームで言うところの、たった今フラグが立った場面だと思う。

最高が最高を上書きした。誇張なく、控えめに言って最the高だと思う。

今作含めて過去6件、うち4件が二次創作の依頼と、後者を氏に依頼することが多いのだけれども、こういった作品を目の当たりにすると、オリジナル作品を依頼しないのは(表現がおかしいかもしれないが)もったいない気がする。もちろん、二次創作の依頼について不満があるという意味ではなくて、オリジナルでこういった世界を描き出せるという意味で。

二次創作も頼むだろうけど、今後も今作の様な季節感ある実際の場所の依頼画も頼んで、受けてもらえたら良いなぁ。



藤原々々展?(@自宅)

_MG_2003.jpg
〈全景〉
氏に依頼した6作品全てを出力したので全部を並べて飾ってみた。

圧巻ですね。
デジタル画としてではなく、出力して額装したからこそ出来る表現と、そこから得られるものがある。
常に物理的に存在していることと、視線を移せばすぐに見られることが額装した画の最大のメリットだと思う。
6畳間に有孔ボード2つもいらんやろ、と思ったが2つ買っといて正解でした。(でも流石に常設は厳しいなぁ……)


_MG_2014.jpg
〈大河内アキラ〉
Weblogでは紹介していなかったが、だいぶ前にクリスタルグラフィー(@グラフィック)で出していたものがあった。
大変鮮やかに仕上がるので、色彩が豊かな(ビビッドな)作品はクリスタルグラフィーを頼むとその出来に圧倒されると思う。「紫雨風奏」についても出してみても面白いかもしれん。




額装詳細
1.広川卯月(眼鏡・統計学)
_MG_2012.jpg
〈ウィリアム・ターナーの質感〉
印刷:ウィリアム・ターナー(ジークレー印刷)@グラフィック
額縁:T25(アルナ)@額縁のタカハシ
サイズ:410x242(画)、564x396(額装外装)
マット2ミリ

・費用(※画の依頼額は除く)
20k(印刷5k+額縁15k)


2.紫雨風奏
_MG_2015.jpg
〈Photo Rag Barytaの質感〉
印刷:Photo Rag Baryta(ジークレー印刷)@グラフィック
額縁:LEANブラック(アルナ)@額縁のタカハシ
アクリル:ARアクリル@額縁のタカハシ
サイズ:410x242(画)、564x396(額装外装)
マット2ミリ+面金加工(銀)

_MG_2017.jpg
〈APアクリル(左)とUVカットアクリル(右)の違い〉
正面から見るとほぼ無反射。映り込みがないので作品に集中できる。
最高の作品を最高の環境で見たかった。選んでみて大正解でした。
まぁ、でも全作品に適応したら挟んまっしぐら。

・費用(※画の依頼額は除く)
46k(印刷5k+額縁19k+アクリル22k)



追伸

出力された画には満足してるのだけど、それでもモニターで表示した画を出力されたものとでは微妙に差がある。なので、ジークレー印刷が可能な高精細なプリンター(CanonのPro G1とか)を買って、カラーマネジメントもした上で自分で出力してみたくなる。
CS2400S+EX4+Pro G1+裁断機で都合200k程度、CS2740にすると+100k。うーん……、校正をしっかりしている印刷屋に頼んだほうが良いやろうなぁ。
タグ:Skeb 広川卯月
posted by ふおん at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

2024年05月08日

PMA-60SPが故障したのでアンプを更新したい。

3年ほど前にオーディオシステム構築していた。

PMA-60_OBERON3.jpg
〈PC→(USB)→PMA-60→OBERON3〉

そのうちのアンプ(PMA-60)が故障し、スピーカー(OBERON3)がただの木箱と化してしまっているのでアンプを更新したい。
そのメモ書き。


更新候補

1.PMA-1700NE
◯USBDACがついている。今と似たような使い方ができる。DSD11.2MHz PCM384kHz/32bit対応
✕重い(17kg)。消費電力が高め(約300W)。PMA-60が3年で故障したのでDENONで良いのかと思ってしまう部分もある。

2.PMA-900HNE
◯USBDACがついている。今と似たような使い方ができる。比較的軽い(8kg)。ネットワーク機能がある。
✕PMA-60が3年で故障したのでDENONで良いのかと思ってしまう部分もある。

3.STEREO 70s
◯故障したDENONではない。USBDAC付き。比較的軽い(8kg)。ネットワーク機能がある。
✕マランツの音をじっくり聞いたことがない。再生周波数帯のLow側が比較対象の中で高め(10Hz)。

4.PM7000N
◯故障したDENONではない。USBDAC付き。ネットワーク機能がある。
✕マランツの音をじっくり聞いたことがない。

5.MODEL 40s
◯故障したDENONではない。USBDAC付き。ネットワーク機能がある。
✕マランツの音をじっくり聞いたことがない。重い(約17kg)。比較対象で一番高価(実売230k)。

6.M-CR612(CDプレイヤー件プリアンプ)
◯安価(実売55k)。CDプレイヤー付き。小型。軽い。ネットワーク機能がある。
✕アンプ機能は単独機種より低め。

安く済ませたいならM-CR612でもありと言えばあり。CDも単体で聞けるようになるのも良い。
お金を出すならPMA-1700NEあたりか。ネットワークはPC接続前提だからいらんといえばいらないし。

さてどうするか。


オーディオシステム予想図(仮)
20240509_オーディオシステム.png


PMA-60の不具合について
購入してすぐぐらいから、スリープから復帰時にPCとのUSB接続が勝手に切れていたり(出力先が変わっていたり)、電源が落ちていたりするなどの症状がでていた。月に1回程度はでていたが、手間だけど音声の出力先を変えれば、また電源を入れ直せば元に戻るのであまり気にしないでいた。
故障発生の朝は、電源はついていたけどPMA-60の液晶の表示が若干バグっており、また電源を入れ直しても音声が出なかった。帰ったらなおっているだろうと思っていたが、帰って電源を入れ直しても液晶が表示されず、完全に故障してしまった。

PMA-60で検索すると似たような電源周りの不具合報告がちらほら見かけるので、この機種の持病なんだと思われる。
タグ:オーディオ
posted by ふおん at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘備録

2024年04月27日

ふおんの資格受験記その7「工事担任者第二級デジタル通信(CBT)」

27日、テストセンターにて、
「デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒一ギガビット以下であつて、主としてインターネットに接続するための回線に係るものに限る。)。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。」
を範囲とする、電気通信回線に端末設備または自営電気通信設備に接続する工事、監督することが出来る、工事担任者第二級デジタル通信の試験(CBT)を受験した。

CBT方式の他の試験(IPAや統計)と違い、試験結果が試験終了後に表示されるものでないため、結果がわからないのであるが、感触としては合格(各科目60点以上)の点数は取れた、各科目80点前後はあるのではないかと思う。

合格発表は来月(5月)10日の予定。



受験のきっかけ
情報セキュリティマネジメント合格を受けて、応用情報技術者試験のうち午後問題(選択式)のネットワーク対策として、電気通信主任技術者を受けることにした。が、中学理科も電気回路が得意ではなかった、また高校は物理未選択であることが災いして、テキストの内容が理解不能であった。
そこで、理解への足がかりを得るべく、スモールステップ(応用情報からみればベイビーステップ)として、試験内容が電通主任に近くCBT方式で通年試験が可能な工事担任者第二級デジタル通信を受験することにした。
(もっとも、最初は工担か電通主任かで迷っていたこともあるが)


試験の感想
試験は3科目
基礎科目(電気通信技術の基礎)
技術科目(端末設備の接続のための技術及び理論)
法規科目端末設備の接続に関する法規
あり、試験時間はそれぞれ40分、計120分あるのだが、計算問題が課される基礎科目以外は見直し含めても10分もかからず終わってしまい、時間を要した基礎科目含めても(それ以外の確認動作等含めても)45分程度で終了した。

基本情報(FE)で情報数学やネットワークの一部を、また情報セキュリティマネジメント(SG)でネットワークとセキュリティについて学んでいたので、割と詰まることなくスラスラと解き終えた。
(見直す必要がある問題があったとして、計算問題は解のチェックはあるけど、技術や法規に関しては違和感があってもほとんど見直しようがない……)

基礎科目はドツボにハマると時間を取られそうではあるが、わからない問題はわからないと割り切って60点を確実取れば良いと進めていけば時間はある程度余裕が出来る。


学習に使用した書籍・学習時間
藤本勇作、『これ1冊で最短合格 工事担任者 第2級デジタル通信 要点解説テキスト&問題集』秀和システム,2023.
真江島光、板林和重『通信設備が一番わかる(しくみ図鑑)』技術評論社,2020.(うち3章から5章)
都筑嘉弘、井上邦雄『チャート式シリーズ新物理 物理基礎・物理』数研出版,2023.

『要点解説テキスト』を主な参考書とし、『しくみ図鑑』を副読本として参考にすべき箇所は参考にした。『チャート式』は電気回路の部分を少し(10pないぐらい)読んだだけなので、そこまで使用した感はない。
『要点解説テキスト』のみでも十分合格は出来ると思うが、イメージをもう少し掴みたかったので『しくみ図鑑』も読む。

学習時間は1日約2時間、計25時間ぐらい。最初の1週間10時間で『要点解説テキスト』の各章と章末問題を読み終えて、試験までの1週間は巻末の模擬試験、HPに掲載されている過去問題(令和5年度の第1回と第2回だけ)をやり、苦手な分野はもう一度読み直し、章末問題を再び解く、というのを繰り返した。
FEやSGをパスしてきたので、技術科目のネットワーク関係やセキュリティ関係を一から勉強しなくて良かったので、ごく短期間で終えたが、物理未履修、FE・SG持ってないとかだと倍、少なくとも1ヶ月・50時間程度は必要かもしれない。


追伸
受験を終えて、電通主任のテキストを改めて開いてみると、拒絶反応を示していた基礎科目の分野(電気回路)も難しくは感じるけどそこまで不可能じゃないぞ、また設備や技術関係はFEやSGで習った部分なので、苦じゃないぞ、と心理的な障壁はほとんどなくなったように感じる。
工担の試験結果はどうであれ(出来るなら合格して欲しいが)、当初の目論見通り電通主任への橋頭堡を無事確保出来たそんな試験であった。


Skebで依頼していたづっきーと勉強をしている画を携帯画面なり、PCのモニタに映して、さも一緒に勉強をしているように学習を進めていたが、これが素晴らしく効果がある。実用性が極めて高い依頼だった。
IMG02343_HDR.jpg
〈32インチ画面でみる広川卯月〉

印刷に出して額装しよう。(眼鏡の有り無しがあるので死ぬほど悩む)
posted by ふおん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習記