2018年09月24日

「真昼のイルミネーション」に思うこと。

「真昼のイルミネーション」とは、2018年4月に発売された、武田綾乃『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話』(以下、『ホントの話』)宝島社に収録されている、1つの話である。本全体から言えば、300ページ近くあるうちのたった14ページを占める小さなお話に過ぎないのかもしれない。
しかし、そのたった14ページにとても強いメッセージが込められている、むしろそのメッセージのために、この「真昼のイルミネーション」というお話が、あたかも作品周辺で起きている「出来事」に対応するかのように、追加的に創られたのではないか、という気がしてならない。





個別具体的に書くということは差し控えるが、今年・2018年の年初にある「出来事」があった。その一件を見知った後、3ヶ月後に『ホントの話』が発売された。
当初は、直近に「出来事」があったために、「イルミネーション」に書いてある文章を深く読みすぎているきらいがあるのではないか、とも思えた。
しかしながら、今月・9月に提起された「出来事」を通じて、「イルミネーション」に対する疑いが確信に変わりつつある。

2018年内で確認されている「出来事」なるものは、少なくとも2件確認し、回覧されているものと思うが、少なくともこの2件は発信者がいて、かつそれが受信できたから表面上に現れて確認できているのに過ぎないのではないか。表面には現れていないが、外部に表出する発信者がいないがために、内部で留まり続けているものがいくつもあるのではないか。地域に居住していない、外部の人間が知りえないだけで、地域の人間の間にだけ共有されているようなものもあるのではないか。そういった疑念がふつふつと湧いて出てくる。





p.144からの、「電飾のくだり」、これは、電飾が光る=作品のアニメ化のように、暗にアニメ化前後の作品状況を言い表しているのではないだろうか。
作品に対しても、電飾が光らずとも分かる人に読まれひっそりと評価されていれば良くて、電飾が光ったことによって外野からそれをぶっ壊すような人間が現れたこと、自信の作品によって電飾(ここでは作品だけではなく地元宇治も)が壊されている(壊されそうになっている)ことまでは思いもしていなかった、そのように感じ取れて仕方がない。
だからこそ、あの話を小話の最後に入れた、メッセージとして伝えたかったのではないかと考えるに至った。

「自分の大切なもんが、価値を知らん誰かに壊されるんちゃうか」(p.145 武田)





書いたことは全くの見当違いかもしれないし、そもそも書いている自分自身が価値を知らない人間なのかもしれない。しかしながら、「出来事」と「真昼のイルミネーション」は対応しているのではないか、作品に込められたメッセージはなにか、何故この話を書くに至ったのか、至るまでに何があったのか、そしてどこまで「出来事」が聞き及んでいるのか、考えずにはいられないのである。



時として「とても美しいもの」を入手するために、しばしば何か犠牲になることがある。写真撮影に夢中になるばかりに、足元の花壇の花が踏み潰されることがその一例なのかもしれない。
しかし、(少なくとも)私が思う作品の風景=とても美しいものとは、足元にある花壇の花も含めた、空間全体であろうと思う。作中で”切って”出された一カットではなく、その空間そのものなのだ。庭園のようなものなのだ。
私はどうあがいても作品には登場し得ぬ存在である。作品の登場人物ではないし、創作者でもないからである。しかし、今現実に起こっていることはその作品ではないにしろ、空間に、庭園の中に”自分を”入りこもうとしている行為他ならない。果たして空間に、庭園に、自分は存在していたのであろうか。

作品に対する立ち位置を、今一度確認したいものである。



■参考資料

・武田綾乃『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話』宝島社 2018

posted by ふおん at 02:43| Comment(0) | 記事

2018年09月23日

9/15-22のあれこれ。

22日は晴れ。日中は気温が上がり、暑く感じるほどに。21日にグァムの西にあったTDが台風24号に昇格し、今後日本に影響が出る模様である。また、N18E173ぐらいの位置にTDが存在しており、台風25号もそう遠くない様子である。



新潟の取扱い
東北日本海側で良いんじゃない?


J1
26節の時点で、4位ベガルタ仙台と5位コンサドーレ札幌が勝ち点マイナスに。両者とも一度大敗してるのが響いてる。


9/16 VS群馬
結局最後まで見当たらず…向こうで買うことに。

3連敗…

動画は一応作り始めてるけれども、遅々として進まない。一時旅m@s動画を上げていた頃よりも、動画作成能力が大分落ちている気がする。とにかく話が作れない。


ほうとう+とり野菜みそ
どこかに取扱いしていないだろうか。


バンディオンセの優勝は?
KSLも佳境。23日の最終節に勝てば10年ぶりの優勝、そして地域決勝に進める。
さて、どうか。


セイきり(きりセイ?)
きりたんはまだ持ってない…
保留。


くじ
5枚あったが連番だったので、一瞬で終わる。


ブラックチャンポンめん
想像以上に辛い。冬場ならいざしらず、今の時期なら普通のチャンポンめんの方が良い。


Vtuber
やってることが横並びのような気がする…
多分、そのVtuberがやってることが重要なんだろうけれども、みんなおなしことやってんなーみたいな感想しかない。


J1残留争い
最下位長崎が勝ち、さらに混沌としたJ1残留争い。生き残るのはどこになるのだろう。


福浦和也、2000本安打
ボーリック、メイがいた頃からロッテファンで、勿論福浦もファンだったので、これはとても嬉しい。
小さい時に西部緑地で観たときは、身体がめちゃくちゃ柔らかい選手という印象を受けた。



読んだ
ダッタン人の踊りとかも演目に入る可能性が・・・?


アンドロイドのアプリは特定の、ほぼ企業が出しているものしかインスコしていない。


くわばわくわばら


ロッテリアのパテを持ってきて欲しい。
ロッテリアのバーガーに、マックのポテトがあれば最強なんだけれども、どうしてそうならないのだろうか。非常に不思議。


PCで出てたら即決だったなぁ。でもCDは欲しい…



観た
綾乃がどんどん邪悪に…。主人公ではなく、倒すべき相手になってる希ガス。



アル中カラカラ〜してきたい。あずさ(あづさ)号で、アル中ステップかましてきたい。

φ(..)メモメモ

面影レイルバックそんなにあかんかったんか…



某話題
特に何とは言わないけれども、悲しい出来事はなくならないものやね。
残念。



以上。
タグ:Twitter
posted by ふおん at 01:41| Comment(0) | 日記

2018年09月15日

8/27から9/14のあれこれ。

投稿していなかった書いていなかった8月末から9月前半のあれこれ。



秋吉
秋吉に初めて足を運んだが、価格に目を瞑れば大満足であった。(ソフトドリンクと焼鳥3種、焼きおにぎりで2000円ちょっと)


大雨 その1
30分程連続で雷が鳴り響く。
冬のように、地響きが震度2ぐらいあるようなものではなかったので、まだ有情であった。

来年の4月30日はこれぐらいの明るいノリで、新年号を迎えて欲しい。しんみりとした、悪く言えば葬式のような雰囲気の中新年号を迎えるのは陛下もお望みでは無いだろうから。


台風21号直撃
思ったほどではなかったが風と雨が強い。台風が直撃したのはいつ以来だろう。


きっぱーと3セク
あの列車に何組いたのだろうか。2両編成の1両だけでも4組ほど18きっぷで乗り越そうと(勘違い?)していた。
七尾線と城端・氷見線の通過特例を曲解して、高岡〜津幡だけ買えば良いみたいな解釈をしていた香具師もいたが、そんな都合の良い特例を3セク会社が認めるわけ無いだろう。
きっぱーかどうかは知らないが、乗務員(車掌ではない)に頑なに切符を出さずに、切符携帯の義務はどこに書いてあるのかと、押し通している香具師も見かけた。間違いなく薩摩守だろう。


青い春を”探して”
富山、金沢とも見つからず。そもそも入荷すらしていない様子であったが。


Nash
けっこう見かける。


ハンドルネーム論?
つべは結局名字なしでも作れた。
いまのHNに”名字”をつけるとすればなんだろうか、と大分前から考えているが未だに答えが出せていない。


北海道で震度7
気象庁の区分だと、震源の胆振地方は道南扱いの様子。個人的には道南は渡島半島だけで、胆振(と日高)は石狩と同じく道央の認識。



ペンギン・ハイウェイ
出来れば詳細な記事を今度書きたい。
ややもすれば「おっぱい映画」と捉えられがちな本作品だが、おっぱい映画ではなくて哲学的な映画だったように感じる。
少し、最近の活動にバイアスを受けているのかもしれないが。
今年見た映画の中ではベスト。120分あったが、長いとは一度も思わなかった。


延着
レンタル屋に無いDVDをネットでレンタルした所、期限を完全に忘却しており、必着前日の午後9時ごろに気付く。
無事延着により、延滞料金を取られる。2度とネットレンタルは使わないことを心に誓う。


大雨その2
大雨が続く。


スク水マン
女児用のスクール水着を着用した男が富山市内で現れたらしい。
性的嗜好は理解しないでもないけれども、芸術として理解があるような、一般に参加者にそれが共有されているような場でないところで披露しても、それは変態の烙印を押されるだけである。着用の際は家で、じっとしていて欲しい。


神三ダム


J3 第3節 相模原ー沼津
6人もの元・ツエーゲン戦士が集結していたらしい。
それにしても辻尾をFKは見事だった。


能登さんご結婚
花いろで能登さん役の人物が母親から結婚を迫られていたシーンがあったが、実現。


江藤香奈
リズと青い鳥で出てくる、ふぐちゃんことメガネをかけたフルートの1年は、江藤香奈という名前らしい。


ひらぱーポスター
散り椿のポスターを最初に見てから、いつこれがひらぱーのポスターにオマージュされるのだろうと、楽しみでしかなかった。



読んだ
正解数が少なくてもネット右翼と看破される(レッテルを貼られる)ようなものではない。

風呂に関係ないものが写っているような気がするが、大丈夫なのか?



盛夏や冬場の電気代は1万近くになるのだが、その1割、約1000円程が再エネのお金であった。





観た
ツエーゲンで一度作ったことがある。カターレでも作れれば良い。

1年ぶりの投稿?
続きが見れて視聴者としては嬉しい限り。



投稿した







精神が貧弱なのは哲学や倫理をしていないからなのではないかと思うにいたり、読むついでにVOICEROIDに朗読してもらいどれを動画化している。
抑揚と話速を抑え、声を低くした京町セイカの声がベストだと思うのだが、いつか東北きりたんでも試してみたい。東北きりたんも、標準でも割と合いそうではあるが、少し声のトーンを落とせば朗読に合う気がする。

編集中の動画とうpされた動画の比較ではなく、出力されたローカルの動画とつべの動画の比較でも、差異を感じる。
圧縮された感。



ブクマ
この立ち絵は素晴らしい。




以上。



■追伸

3週近くは流石にしんどい。


タグ:Twitter
posted by ふおん at 03:18| Comment(0) | 日記