2018年10月31日

『青春ブタ野郎』と個人的な哲学・世界観。

<アニメ1話>

<原作小説>

要約すると面白いから観て、読んでというお話であるのだが、多分明後日の方向に話が進むと思うので、最初に書いておくことにした。
なお、書いている人間は別に哲学を専攻しているわけでも無いため、講学上の用語とは違う、また考え方として破綻している部分もあるかもしれないことを予め断っておく。



2018年10月から始まった、アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』。これが存外面白く、おそらくアニメを見てきた10数年という大して長くもない視聴歴の中でも、5本の指に入る(※1)であろうと信じてやまない作品である。

※1
涼宮ハルヒ、電脳コイル、など

何が、それほど面白くさせているのかといえば、作品の中で問題とされている「(桜島麻衣に対する)認識」である。
作中では、思春期症候群により桜島麻衣が周囲の人間から認識されなくなり、最後の一人・梓川咲太からも認識されなくなり、そして存在が「無かった」ことにされる。「桜島麻衣」という存在そのものが彼女以外からの頭の中から消えて、その存在を認識出来ないという状況に陥るのである。

存在を認識出来ないものは、果たして存在していると言えるのか。


13歳の時に、夜な夜な死について考えて、死んだらこの世界はどうなるのか、という答えが出しようのないことを思い巡らせていたが、その答えになるようなものが『涼宮ハルヒの憂鬱』で提示された。人間原理の考え方である。

「人間が初めて観測して存在を知り得る」

この考え方を「私」に応用して、
「この世界が存在するのは、世界を観測し得る私が存在しているから。私と世界は同一である。私の存在が生まれる前、そして死んだ後の世界・時間・空間の存在は信じられない。」
という独我論的な世界観を持つようになり、今日に至るまでこの考え方、私個人の哲学として続いている。


ある時、この考え方について質問したところ、その世界観はごく普通な考え方であるとされたが、
「自分が経験していないものを信じないのであれば、世の中の殆どが信じないものになる。「私」の周りにある、存在を認めているものは、「私」と関係の無い固有の時間を持っており、「私」を含めてすべて歴史的なものである。そして、その歴史は「実在している」と検証する過程において現在のバイアスを受けている。「私」という存在も、過去の「私」の存在を証明するのは現在の「私」であるが、それを証明する証拠が(「私」以外に)存在しなければどうやって「私」という存在を証明できるのか。」
との返答を受けた。


回答を貰った当時、「固有の時間(歴史)」概念というものが理解出来なかったのであるが、『青春ブタ野郎』においてそれが何であるのか少し掴んだような気がする。


物は、観測者からのその認識の有無に関係なく存在しているのであり、そして現に存在しているという連続がその物の固有の時間(歴史)を作り出し、その集合(固有の時間の接触し干渉し合うことによって)が世界(の時間)を創造しているのである。

桜島麻衣は思春期症候群により、全世界の人間の認識から消え存在を確認し得ない、存在しないものとなった。しかし、認識の有無に関係なく、桜島麻衣という事物は存在しており、固有の時間を持っている。桜島麻衣以外の人類が共有している世界の時間から切り離されて、孤立した、孤独の存在となっただけで、存在はしている。存在を認識出来ないというのは、世界の時間と固有の時間を繋ぎ止めるものが無くなっただけなのである。

ただ、作品では梓川咲太が桜島麻衣という存在を生徒(人類)に「認識」させることによって、桜島麻衣を共有されている世界に戻した訳であるのだが、認識の有無に関わらず桜島麻衣という存在そのものは、孤独の観測者として世界に存在していた。



少し、思考がめちゃくちゃになってきたので、今はこれぐらいにしておくが、「固有の時間」概念が私個人の哲学に導入されたことで、世界観がかなり広くなったような気がする。今少しばかり全能感のようなものすら感じる。世界の真理というものがあるのかは知らないが、その断片を知り得た感もある。



『青春ブタ野郎』という作品との出会いは、私の人生において極めて衝撃的な事件であった。
よって、この作品を無条件に勧める理由である。



■追伸

この考えを徹底させるにはしっかりと哲学を体系的に学ぶ必要があるように思う。
来年度はゼミ以外時間が取れる予定であるので、受けて見よう。
posted by ふおん at 02:11| Comment(0) | 記事

2018年10月26日

続・ゼミ発表に思うこと。

3年時以上に所属するゼミというのは、いわゆる専門ゼミであるとか専門演習であると言われて、専門度の高い、関連する専門科目の取得が前提となっているものがほとんどである。
しかし、実態としてはその前提となるであろう科目を取ってない人間もかなり存在していて、ゼミの内容というよりも、指導教員が優しくてユルそう・楽そうだからであるとか、なんとなく入ったという人間がかなり多いようである。

前提となる科目を取っていれば、ある程度ゼミでの課題(研究報告)を割と適当にやっていても、大抵はあたりがついているので、関連する資料を読み込めば問題点が何であるのかに行き着き、またそれが何であるのか、解決方法はどれか、ということにも辿り着きやすい。
幸運にも、私はそれが出来ているようである。指導教員の話を大凡これであろうと把握して、資料を片っ端から読んで問題点・対象を鮮明化していくということが出来るので、適当にやっていてもそれなりの報告にはなっている。(求められる最低基準のものであろうが)

しかし、取ってない人間はかなり苦労しているのを目の当たりにしている。研究というよりも事例報告で終わってしまっている。

それが個人発表であればそれはそれで自分に影響が及ばないから良いのかもしれない。だがグループ発表は別である。
グループ発表ではグループの目標(テーマ)を決めて、それを分担することになるのであるが、知識なのか意識であるのかそれは分からないが、あまりにそれらの差がありすぎると、問題の認識共有が全く出来ない。意思疎通がかなり困難になっている。
私が適当な性格柄、指導教員の話を正確ではなく大意として捉えて、それを(誤った)自己解釈していることも問題なのだろうが、方向性であるとか話し合いの場を設けてもとにかく話し合いにならない。現状、研究よりも各人が担当する研究内容のすり合わせが一番労力がかかっている。知らんがな。
そして、ゼミでは指導教員から研究が遅々として進んでいないことを心配(糾弾)され、心労が重なる。ストレスがマッハである。

もうグループとしての統一性・画一性は半ば諦めて、とにかく担当部分だけ完成させれば良いと思い始めている。どうせ、発表さえすれば単位はもらえるのだから、他の領域は知ったことではない。知らぬ存ぜぬの精神である。

果たして、数カ月後の期末研究報告は成功するのであろうか。



■追伸

最近のストレスの9割9分がゼミ関連。リーダーシップ能力の欠如だとか、調整能力の欠如であるとかなのだろう。
タグ:大学
posted by ふおん at 02:13| Comment(0) | 日記

2018年10月21日

ゼミ発表に求められるもの、必要なもの。

ゼミ発表は、まず個性というよりも先に個人の能力が炙り出される。それによって否応なく能力の優劣が、ゼミ生全体に共有される。

何故、誰々の研究報告が良いか、そしてどこに報告の優劣を考える時、発表される研究報告には段階性があることに気がついた。

まずは(1)テーマと問題設定の段階である。
何について疑問を持ち、それをどのようなアプローチで解決を試みたのか、それがはっきりしないと門前払いされる、内容を審査される以前の問題である。

次に、(2)調査の段階である。
2-1研究調査したことと、2-2調査の考察に分かれる。
Aという事象に対して調査して、Bという背景や議論、経緯が分かったというのが研究調査の段階であり、Bの議論・経過をを通してCというのが重要である、考察できるというのが調査考察の段階である。
残念ながらここまでで終わってしまうことが多く、自分もその一人である。

最後は、(3)考察の考察段階である。
3-1 考察した事柄の問題提議、そして3-2考察の考察に分かれる。
Aを調査した結果、Bという背景、議論、経緯があり、そこからCという考察が得られたが、何故Cであるのか、Cが重要なのかという段階が考察についての問題提議であり、その問題点を考察してDという結論が出たのが考察の考察段階である。
ここまでたどり着かなければ、おそらくは大学の真っ当な研究報告とは言えないのだろうし、指導教員もここまでを求めている。

ここにたどり着くには何が必要なのだろうか。



1.定義付け
研究をしているAという学問は、こうであるという自分の中での定義付けがされていないと、まず無理なような気がする。

2.学問的知識
こういったものがあった、こういった歴史を辿っていた、かつてこんな事があった、など知識がないと問題点を発見できない。
深く知っているというよりもより広く知っていたほうが問題点に気づきやすいような気がする。

3.リファレンス能力
調査能力がないと問題発見をしても答えにたどり着けない。
研究報告では情報を組み立てるわけであるが、この能力がないと組み立てていく情報が入手出来ない。

4.時間
読むにも、考えを整理するにも、書くにも時間は必要である。
余裕があれば時間を置いて、頭を冷やして見ることも出来る。一過性に任せて書いていると、確実にボロが出る、そしてそこを突かれる。

他にもあるのだろうが、この4つが研究報告にあたって重要なものなのではないかと思うものである。
1〜3は及第点であったも、時間がなく突っ込まれるというのがままであり、これから報告ではなく(卒業)論文を書くのであれば改善しなければならない。
タグ:大学
posted by ふおん at 01:09| Comment(0) | 感想・随筆