2018年11月28日

11/25-27のあれこれ。

27日は晴れ。気温が20度前後までいったらしく、上着一枚あれば事足りる快適な一日であった。



あれこれ
個人の行動様式、精神に影響を与えた作品は青春ブタ野郎とゆるキャン△のみ。
青春ブタ野郎は心の持ち方であったり、個人的な哲学・世界観に強い衝撃を受けた。これはハルヒ以来。
ゆるキャン△は、キャンプこそしていないが、外でギアを使って飯を食べることを覚えた。
スロウスタートは登場人物が自分の境遇と重なっている部分があるので、自己投影することが多かった作品。


好きになっても思考までは放棄したくない。
考えること、解釈すること、理解することが何よりも大切。


ワロタ。


テスト前に急いで答案を作り、覚えたらなんとかなった。
まあでもぼかして書いた部分があるので、満点は無いだろう。


小1、あるいはそれより前からプリントがカバンの下の方でクシャってなってる。
なんでだろうね。


青春ブタ野郎
双葉理央の「消える」シーン、咲太の心情が無かったので原作より深刻さはなかった。あと時間経過が早いから、緊迫感が薄らいでいる気がする。ちょっともったいなかった。

公式は、2人の双葉理央を双葉A、双葉Bと分けているので、それに倣う。


双葉理央

サムネのバニーガールも素晴らしい画だと思うのだけれども、5枚目のコーヒー飲んで落ち着いてる画像がたまらなく好き。
ほっとしてる表情が最高。


以上。

posted by ふおん at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月26日

双葉理央の「消える(=自死/自殺)」という選択に関する小ノート

「私はもうここから消える」(鴨志田一. 2015)
双葉理央の「消える」という選択に関する小ノート。




鵠沼海岸で撮った、梓川、国見、双葉B(「偽物」)の3人の写真を観て、「本物」こと双葉Aは、双葉Bが双葉A以上に、上手に「双葉理央」をしていることを感じ、「消える」ことを選択し、峰ヶ原高校へと向かった。

「消える」ことの具体的な行動は書かれてはいないが、
「この世界に、双葉理央はふたりもいらない」、
「私がいなくなれば、全部解決する」、
と続いて発言しており、「消える」とは私(双葉A)が世界からいなくなる、双葉Aの存在が世界から消滅すること、つまりは一個体としての死を選択することである。

双葉Aが「消える」ことは、双葉Aによれば、「双葉理央」にとって合理的な選択(意思決定)であると考えている。双葉Aが、彼女自身の合理的な判断に基づき「消える」ものであるから、この「消える」こととは自死(自殺)を選択する他ならない。

双葉Aは、自死を選択することによって、残った双葉Bが「双葉理央」として、上手く生きていく、存続していくことを考えたのである。

しかし、双葉Bという存在は、もともとは「双葉理央」を構成する一部分である。「誰かにかまって欲しい双葉」と「そのための手段が許せない双葉」が分離して、双葉Bと双葉Aがそれぞれ生じたのである。
構成していた一部分、対となる存在が「消えた」後も、「双葉理央」が存在しているか疑問が残る。


双葉Aは「消える」ことを選択するにあたって、双葉Bの存在を挙げている。
双葉Aにとって双葉Bが「偽物」であるのに、「偽物」が双葉A、あるいは『双葉理央』にとってある種理想的な存在であり、理想的でない双葉Aは『双葉理央』にとって不要な存在、『双葉理央』にとって「余ったピース」である双葉Aを捨てることで、理想的な『双葉理央』を完成させようとしている。
双葉Bの存在が、双葉Aに「消える」こと、自死を選択することを”選ばさせている”とすれば、双葉Bによる双葉Aに対する殺害、「他殺」とも考えられないだろうか。



双葉Aは「消える」ことを選んだ。
外観上は双葉Aが「自死」を選択した他ならないが、内情としては双葉B(の存在)が双葉Aに対して自死を”選択させた”、「他殺」なのでもある。

「自殺なう」としつつ双葉Bが双葉Aを殺害している、下記リンクの画像通りとなろう。
(※R-18G)


話しでは「消える」ことは実行されなかったが、選択されたことは確実である。
双葉Aと双葉Bを対比し、整理しつつ、「消える」という選択についてこれから掘り下げていければと思う。



■参考文献

・鴨志田一.2015 鴨志田一『青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない』 KADOKAWA 
・ガラスムーン『highlander』2018
posted by ふおん at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ノート

2018年11月25日

11/22-24のあれこれ。

24日は晴れ。朝はとても寒い。日中は晴れていたのでそれほど寒くはなかったが、晴れ渡った空の先に見えた立山連峰の山々が日に日に白くなっており、冬を感じさせる。



あれこれ
男子大学生の「経験」率が女子のそれに比べて高いのは、あれですか玄人の(デリバリーな)お姉さんの店をご利用なられてる感じなんですかね?


本格的な寒気
23日、本格的な寒気が北日本に来襲。山の方では雪で、医王山らへんでも雪が降って積もったらしい。


もう1つは?
最終節、昇格が決まった鈴鹿アンリミテッドFCと引分でもいい松江シティFCの試合がある。優勝するなら負けなければいい、JFL昇格するのに勝たなくてもいい、お互いの利害が一致しているとも言える。どうなるんだろうか。


地震
M5程度、深さ50kmぐらいで最大震度4らしい。


万博
ひらパーで万博がやってるとのこと。

おもちゃ屋に置いてあったでかいたまごっちの機械と通信してたなぁ。
大阪万博の開催地は、現在も埋め立てが続いている夢洲でやる模様。


凄い試合らしい。

中の湯温泉の移転は、安房峠トンネルの採掘の際に起きた事故によるものとのこと。
焼岳の噴火で影響でたのは上高地の観光客が取り残されたやつだったかな…


サンフェス!7
多分参加する。


双葉理央



素朴な感じが好き。

以上。

posted by ふおん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記