2019年02月02日

響け!ユーフォニアム等に登場する「特別」に関する小ノート


3月10日のサンフェス7に出す予定の本の中に、「『特別』に関する考察」が今の所予定されている。
その記事に関する小ノート(その2)。



「特別」と対を成す「普通」あるいは「同質」?
黄前久美子が北宇治に来たのは、「知っている人がいない高校に行って、新しく最初から(スタートしたかった)。」である。



舞台である高校の異常さ?
高校に入るにあたっては入試によって、偏差値に輪切りにされたその1つの学校に入学することになるし、入学後も絶えず定期考査や模試の点数で学年、学級で順位づけられ、部活においても、それが数値や技術で現せられる程、その中で序列が生まれる。(意識をしていまう)
そしてその高校は、入試で偏差値で輪切りにされた学力が似通った、ほぼ同じ出身地で、さらに年齢を同じくする非常に同質な人間が集まったものであり、学校側が順位付けしなくても、生徒側においても順位付けしやすい環境にある。
順位が高い、最高順位にある人間は、「特別」な存在であると認めやすい環境であり、それ故にその立場に憧れ、羨望し、「特別になりたい」という欲求に繋がるのだと思う。


「同質」の対概念としての「異質」は「特別」(時として「異常」や「変」)を含んだものである。
彼女が頭が良いから「特別」なのではなく、その人が私と違って「頭がいい」という「異質な存在(個性と表現しても良いのかもしれない)」であるからであり、また彼女の演奏が上手いから特別なのではなく、「演奏が上手い」という私と異なる個性があるからである。

対して「普通」の対概念としての「特別」は、あくまでも比較しうる数値や技術による相対的な評価によるものであり、そこに絶対性はない。そこに参加する人間が入退出して社会が変化すれば、たちまちに「特別」ではなくなる人間も出てくる。高校に上がった時の斎藤葵のように。



北宇治高校は現状コンクールで金を絶対に取る、という対普通としての「特別」と、音楽という対同質としての「特別」の2つが混在している。
どちらが「正しい」のかはわからないが、今年発刊されるユーフォの新刊は、これを巡る争いが展開されるのではないかと思う。



■追伸

舞台の高校が同質の集まりであるというのは、鴨志田一『青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない』KADOKAWA,2015,pp.70-72にかけての桜島麻衣の言う「学校は特殊」を参考にした。
続きを読む
posted by ふおん at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ノート