2019年12月06日

大学時代に参考にした・なった文献リスト その3(専門系A政治学系)

大学時代に参考になった文献について、また読みたくなった時に読めるように忘備録として記す。

今回は大学在籍中最も真剣に、質的量的共に勉強したであろう政治学の分野について。




M.ラムザイヤー、F.ローゼンブルース、[監訳]河野勝『日本政治と合理的選択 : 寡頭政治の制度的ダイナミクス1868-1932』勁草書房、2006

戦前の日本の政治について、合理的選択論の立場から描いたもの。正直この本で明治維新政府や戦前の政党政治に対する認識が変わったし、政治学に対して強く興味を抱くきっかけとなった。内容的にはそこまで難しくなく、政治学の堅い本というよりかは半ば読み物感覚で読める本。

大学時代に最も参考になった本であると言っても過言じゃない、面白い本。



M.ラムザイヤー、F.ローゼンブルース、[監訳]河野勝『日本政治の経済学 : 政権政党の合理的選択』弘文堂、1995

戦後の政治を合理的選択論の立場から描いたもの。55年体制が続いた理由が理解できるし、派閥が何故政党よりも強かったのか、自民党が何故派閥という名の「小政党の集団」と言われていたのか、そして小選挙区制を導入しなければならなかった理由がよくわかる。



名取良太「選挙制度改革と利益誘導政治」『選挙研究』17巻、日本選挙学会、pp.128-141,207

川人貞史「中選挙区制研究と新制度論」『選挙研究』15巻、日本選挙学会、pp.5-16,186

川人貞史「中選挙区制における得票率の分布」『北大法学論集 38(2)』1987、pp.341-404

55年体制(中選挙区制度の下での政党行動)についてはこちらも大変参考になった。川人さんが富山生まれであることをまとめている最中に知った。



川崎修、杉田敦『現代政治理論[新版]』有斐閣、2012

政治学を勉強し始めた段階ではあたりがハードなので難しい。正直、この本に書いてあることを理解できるようになることが、政治学をある程度(政治学概論(入門)レベルで)理解したことなのだろうとさえ感じる。

お好みで加茂敏男ら『現代政治学 第4版』有斐閣、2012を一緒に読むと良いのかも。こちらは川崎・杉田よりあたりは易しめ。



久米郁夫ら『政治学 補訂版(NLA)』有斐閣、2011

政治学の網羅的な教科書。550ページぐらいある。

国際政治の領域にもページを割いているためか、これで足りるようで足りない。各章末にある文献案内も読むべきなのだろう。

持っていると安心するお守り的本。新版が出たら更新したい。



永山博之、富崎隆、青木一益、真下英二『政治学への扉』一藝社、2016

2019年現在、大学の政治学の教科書に指定されているもの。網羅的教科書その2。

久米ら『政治学(NLA)』の半分ぐらいなので各章の内容は厚くはないが、高校の政治・経済の教科書の延長のような本であるので非常にあたりが柔らかく読みやすい。政治学を学び始める入り口段階では有意なのだろうが、ある程度学んだ段階だと物足りなさを感じる。章末に文献案内があるので、それで適宜補ってくれという感じなのだろう。



田口富久治ら『[講座]現代の政治学』シリーズ(全3巻)、青木書店、1994

期末試験に役立った。



岡沢憲芙『演習ノート 政治学』法学書院、2011 

論文試験の答案作成にあたり、作り方、話の持っていき方など大変参考になりました。これがなかったら単位怪しかったかもしれない。



盛山和夫『権力』東京大学出版会、2000

権力とは何か?という本。政治学は権力とは何か、という題から始まったのでその参考に読んだ。全部読めてない。



ユルゲン・ハーバーマス『公共性の構造転換―市民社会の一カテゴリーについての探求』

市民社会論の本。ハンナ・アーレントの本も読まないとなぁ、と思っていたら卒業が迫っていた。



マンサー・オルソン『集合行為論:公共財と集団理論』ミネルバ書房、1996

利益集団(圧力団体)についての本。極端な話なのかもしれないが、この本を読んでから、人間は何れかの利益集団に属しており、所属集団の利益獲得のための行動・発言をしているのではないか、と疑うようになった。

考え方について影響を受けた本。



伊藤修一郎『政策リサーチ入門―仮説検証による問題解決の技法』東京大学出版会、2011

政治学や公共政策学というよりも社会科学全般についての問題設定の仕方、研究のやり方について学んだ。政治学の分野では久米郁夫『原因を推論する』有斐閣、2013スティーブン・ヴァンエヴェラ『政治学のリサーチ・メソッド』勁草書房、2009、 ゲーリー・キングら『社会科学のリサーチ・デザイン』勁草書房、2004も有名だが、それらは読んでない。

QC活動や生産管理業務に活かせそう?




■追伸


科目としての政治学は4単位しかなかったが、その3倍、12単位分ぐらいは勉強したと思っているし、実際にES・履歴書の大学で一番学んだ、得意な科目の欄にはゼミの研究を差し置いて、政治学と書いた。

社会人になっても政治学に接して学んでいきたいし、学士入学や修士も考えている。


卒業までに真剣に学べたと思える教科が一つあって良かった。
posted by ふおん at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘備録