2020年03月15日

「もはや若者ではない?」3/13の出来事。

記述に一部好ましくない内容が含まれます。閲覧の際は気を付けてください。



*****

13日に、バイト先を退職。

退職した足で、指導教員閣下にウィスキーをプレゼントをするべくリカーショップを巡っていたが、目当てのもの(ロイヤルサルート21)が見つからず、諦めて松屋で夕食を食べることに。
順調に食べていたものの、完食間際に異変が起きる。胃に入ったものが逆流して食道に戻る感覚(胃が異様にパンパンで、みぞおちあたりにものが詰まる感覚)が数分続く。最終的に戻す至らないまでも、吐き気のようなもの(ゲップとは違う、重さのある感覚)自体は何度も経験しており、落ち着けば胃に戻るだろうと水をゆっくり飲んだり、深呼吸をしてリラックスすることを試みたが、数分の後限界点を突破したのを悟る。偶然にもトイレがすぐ後ろにある席であり、また利用者もいなかったため、ぶちまける等の迷惑行為を回避できたのは誠に不幸中の幸いであった。
しかし、食べたものを、現に食べていた店で、即座に全て戻してしまう事態となってしまった。

体調不良等で幼少期に何度か戻してしまい、入院一歩手前になったことはあったが、発熱や咳、寒気など特に症状が出ていない状態で、しかも即座に、という初めての状況に酷くショックを受けた。
タブレットを見ながら食べていたために、常に胃を圧迫しながら食べてしまっていたことが原因だったのだろうか。また、多めに食べてしまったことが原因なのだろうか、油を受けつけない体になってきているからなのだろうか。

思えば、既に20代も半ば、25でありアラサーに突入している。もはや、身体は全くの「若者」ではなくなりつつあるのかもしれない、と感じた一日であった。



■追伸

完全にトラウマ。
posted by ふおん at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記