2020年02月01日

アルストロメリアの成員名に関する予備的考察 お茶由来説

アイドルマスターシャイニーフェスタに登場するユニットの中に、「アルストロメリア」が存在するが、そのユニットに属するメンバーの名前が、お茶に関連するものに由来しているのではないか、という説。
半分本気で、半分冗談の推察なので許してちょ。



1.ユニットの紹介
アルストロメリアは、3人の女性からなるユニットで、所属するメンバーの名前は

桑山 千雪(髪色:茶)
大崎 甜花(髪色:茶)
大崎 甘奈(髪色:茶)

である。

アルストロメリア.jpg
<左から順に、大崎甘奈、桑山千雪、大崎甜花>

大崎の二人は姉妹であり、甜花は姉、甘奈は妹にあたる。


2.発想に至った経緯
メンバーの名前に一文字ずつ、お茶の名前が入っていると気付いたため。

桑山千雪=雪茶:ムシゴケ科の植物からなるお茶(千=煎茶?という考え方も)
大崎甜花=甜茶:バラ科キイチゴ属の植物からなるお茶、またチャノキ以外の木の葉から作られた甘いお茶の総称。
大崎甘奈=甘茶:アジサイ科アジサイの変種からなるお茶

甜茶≒甘茶であり、甜花と甘奈が双子の姉妹という点についても関係性が似ている。


3.苗字について

苗字については、桑山のみ桑の葉茶としてあるが、大崎だけは今のところ未確認であり、そうすると命名則から外れるのではないか、という指摘があるのかもしれないが、大崎がアルストロメリア=お茶由来を決定づけたものと考える。

東京都品川区に大崎という地名が存在するが、かつてここには松江藩松平家の下屋敷(大崎下屋敷)が存在していた。7代藩主の松平治郷は、1804年頃から下屋敷に庭園を造設し、庭園に11の茶室を設け、その茶苑は「東都随一の楽園」と評されていた。

つまり、今にいうところの「アルストロメリア」のメンバーの苗字を決定する際に、(地名からか、偶然か)「大崎」をはじめに決定し、品川区大崎にあった茶苑を下敷きにして、アルストロメリアのメンバーの名前、そして桑山という苗字がお茶由来のものに決まっていった、というものである。

また、お茶由来説を補強するように、メンバー全員の髪色は茶色であり、ユニット名「アルストロメリア」についても、ミルクティーの色が存在している。


以上が、簡単にではあるがアルストロメリア=お茶由来説の全容である。


・参考文献
和田 嘉宥「大崎下屋敷とその拡張・整備に関する考察」『日本建築学会中国支部研究報告集 (37)』 753-756, 2014-03,日本建築学会 
大崎エリアマネージメント「大崎は、茶苑の“一大テーマパーク”が存在したまち」

■追伸

これを底本にして誰か正書してほしい。
posted by ふおん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187110190

この記事へのトラックバック