2020年11月08日

2020年秋季アニメ。

2020年の夏季アニメはついに一本も見ることなく終わってしまったが、今季、秋の作品に関しては
・ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
・安達としまむら
・魔女の旅々
・ご注文はうさぎですか? BLOOM
・神様になった日
の5作を継続して見ている。
(11/10 神様になった日を追記)


・ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

「ラブライブ!」シリーズの最新作。
従来のシーリーズ同様に、「スクールアイドル」という世界観は共通しているものの、今作ではソロ活動がメインになっているなど、グループではなく”個”に重点を置いており、また前作(2作目である)サンシャインでは、1作目のセルフオマージュが多々見受けられデジャヴュすら感じることもあったが、そういったものも少なく(感じおり)、さらに絵柄も相まって従来のラブライブ!とは違った傾向を示す作品。
(サンシャインはそこまで追ってなかったから分からないのだけども)一作目では殆ど描かれなかった、アイドルがアイドルたりえる存在の「観客」が明確に描かれており、アイドル感が増している。
(誤解を恐れずに言えば、従来のラブライブ!っぽくないところに惹かれているのかもしれない。)

劇伴、EDがとても好みであり、凄く気に入っている。かすみん可愛い。


・安達としまむら

『電波女と青春男』でおなじみの、入間人間さんのアニメ化作品。いわゆる百合に分類される作品。
第一話を見た時は、時折挟む登場人物の心情シーンが生み出す特有のテンポが少し気になっていたが、視聴を重ねていくうちにこの作品らしさと捉えるようになる。
この作品の見方としては、安達視点としまむら視点、(二人の様子を観察するような)第三者の視点から見ることが出来るが、安達からの視点で見るようになった。

この作品と全く関係ないが、ユーフォの同人誌に、夏師『岡ときたむら』鉄棒少年.があるが、『安達としまむら』からきてるんだろうなと思った。


・魔女の旅々

魔女版キノの旅とも言われている通り、魔女であるイレイナがいろんな国を巡るお話。
少し暗いお話もある。


・ご注文はうさぎですか? BLOOM

「ごちうさ」の最新作(3期)。ごちうさだね。


・神様になった日
9月頃に秋アニメ作品をチェックしていた際、見ようとしていたものの、(忘れていて)手を出せずにいたところ、ふと思い出して見てみたら面白かった。
どこかあの夏っぽさを感じる作品。恥ずかしい場面を咀嚼するのに時間がかかる。



■追伸

今季は豊作で助かる。
虹ヶ咲(ニジガク)のEDと、あだしまのOPのCDは絶対に入手したい。魔女の旅々のOPも出来れば買いたい。
タグ:アニメ
posted by ふおん at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188104295

この記事へのトラックバック