2020年11月25日

XBA-N3の購入と感想。

去年の就活時にXBA-H3を無くして以降(それ以前まで使っていたXBA-3SLが見つからなかったので)、イヤホンはA867付属のイヤホンを使用しており、半ばこれでも良いかと納得していた。しかし、秋アニメが豊作でCDを多数購入した、8月以降残業戦士が続き小金がある(冬ボーナス目前である)ことより、オーディオ熱が再び帯びてきたので、同じくバランス型のイヤホンであるXBA-N3を軽率にイヤッッホォォォオオォオウ!してみた。


XBA-N3.jpg
幅の国のソフマップで購入。ポイントを使用して21kぐらい。

ベンチマーク曲の感想としては、
capsule「Starry Sky」 高音刺さらない ○
神谷奈緒「2nd SIDE」 さ行・摩擦音が若干刺さる △(サビ「し」が…)
萩原、三浦、四条、秋月「アマテラス」 サビ後ろのピアノがバスドラムで埋もれ気味 △
で、満足できる部分もあるが、不満の残る部分もある。

予想外、というよりも姉妹機(下位機?)のN1の視聴だけで、N3を購入してしまったのが良くないのだろうけれども、低音、特にバスドラムの主張がここまで強いとは思わなかった。N1の音が好きだったのでもっと良くしような感じなのかと勝手に想像していたのであるが、N1を低音強化(色付け)したようなものであった。半ば本気でXBA-N3 Extra Bass Drumに名称を変えるべきだと思う。
エレクトロニカ(ダンスミュージック)を聞く分には最高のイヤホンだとは思う。Perfume「TOKYO GIRL」とかはこの曲のために作られたイヤホンなのではないか?とも思えるほどマッチしている。

高音はN1と変わらない(似たような)、キンキンしない綺麗なもの(虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会「NEO SKY, NEO MAP!」のストリングスが驚くほど華やかに聞こえる。)なので、低音(125〜250Hzぐらいから下)をイコライザで調整すればなんとかなる範囲ではあるが、バスドラムがドコドコ聞こえるような曲はあまり聞かないのであれば、N1の方があっているように思う。(私もN1でも良かったように感じている)
ただ、現状非力な視聴環境であるので、もう少しパワーのあるA55で聞くとまた違った音になってくるのかもしれないが。



総評としては星4ぐらい。




■追伸

SONYの(ハイブリッド型)イヤホンはこんなに綺麗な、優しい高音が出せるのに、ことヘッドホンに関してはM1A2などハイエンド帯のものでも高音が突き刺さるのは何故なのだろう? ヘッドホンはSONYではなく、AKG(K712 ProかK553mk3)かsennheiser(HD660S)が良いわ。
posted by ふおん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188159118

この記事へのトラックバック