2021年05月05日

4/25-5/4のあれこれ。「山に登る、競馬をしてみる、播磨の最果てに行く。」

4日は晴れのち曇り。夕方より風が出始める。朝はまだ寒く感じるが、陽の出る日中は少しばかり暑さも覚える。
そんな今日この頃なあれこれ。



蘇武岳登山
4月25日、兵庫県は豊岡市と香美町の境にある蘇武岳(及び大杉山)に登山しに行く。
氷ノ山方面と言いつつ映ってるのは扇ノ山ですね…(氷ノ山はもう少し左側にある)
蘇武岳から小さなピークを上り下り、アップダウンを繰り返しつつ、1時間ぐらいで大杉山に到着。
実際の記録は、
08:10 道の駅 神鍋高原
(天神社)
08:50 万場登山口
09:10 大杉山・巨樹の谷分岐(麓)
10:10 名色・万場登山道分岐
10:40 920mピーク
11:20 蘇武岳 着
12:00 蘇武岳 発
12:20 大杉山・巨樹の谷分岐(山上)
12:55 大杉山
13:40 大杉山・巨樹の谷分岐(麓)
13:55 万場登山口
14:30 道の駅神鍋高原(神鍋温泉ゆとろぎ)
な感じでした。
登山道からの登り2時間半、下り2時間弱。道の駅からはそれぞれ3時間、2時間半ぐらいでした。
登っていた時はそんなもんかな、若干遅いのかなと思っていたが見返してみると割と早いペースであった。下山時膝ががくがく、靴擦れで足が限界に近いものであった。
体と傷口にすさまじく染みた。
神鍋高原に(から)バスが通じている江原駅で特急を待っていたが、1時間ほど時間があったので豊岡で駅弁を調達して帰ることに。この牛めし弁当はおいしかった。

登山に温泉に駅弁に、最高の蘇武岳登山旅行だったように思う。


住民税
6月分から控除されるらしい。15−20k弱ぐらいなんだろうか?くわばらくわばら…(´・ω・`)


Skebリクエスト
GW中近場以外には何処にもいかないと決めて、小金が出来そうであったので久しぶりにリクエストを送ってみる。
気が付いたらNSFWにかすりもしないものからがっつりハードなものまで4件送っていた。
現在時点で、うち3件Accept(うち1件はまだ保留中)されたので、この先絵の完成が楽しみである。


緊急事態宣言中のなんば
なんばウォークじゃなくて、なんばCITYですね… 異常事態だと分かる異様な雰囲気であった。

Sofmapにしても5/1から当分の間(宣言解除までか?)予約商品の受け取りのみの営業に変わっていた。
いつまで続くんだろう。
通りを歩く買い物客が少なくて、キャッチが凄いいた。完全無視を決め込んで通っているが、あっちもあっちで死活問題なんだろうなぁ…


働かないふたり
今回も相変わらず面白かった。
作中にある、使い捨てカメラで1年の出来事を撮って、それを現像するという遊びは一度やってみたい。


天皇賞(春)
ウマ娘と、その原作?動画を観た影響で競馬をやってみる。
12番のディープポンドを本命、1番のワールドプレミアを対抗にして、2棟を軸に買う。
購入した馬券は以下の通り。
単勝 12 200円
複勝 1、12 200円x2 400円
ワイド 1-2、1-12、2-12 前から100円、200円、100円。
一つ大きな間違えをしてしまって、1−12で「馬複」を購入したつもりが勘違いで「複勝」で1と12を買ってしまっていた。結果から言えば非常にもったいないことをした。
大方の予想通りというか、実力場が順当に勝った(上位に入った)という印象。
12番ディープボンド、最後の直線で先頭に立つも1番ワールドプレミアに差されて2着に敗れるものの、先行して進めて僅差負けであったので、いつかG1で勝つと思う。大きい馬体と走りに、メジロマックイーンのような強さを感じた。
JRAから小金をせしめている間にやめましょう。
面白かったけど、怖さの方が上回ったのと、思考面で予想を立てるのに時間を取られるので、継続は無理だと思う。
勝った。それだけで良いじゃないですかね。


播磨の最果て・播州峠
5/3、暇だったので播磨の最果て、播州峠まで行ってみることに。
峠道は封鎖されていたので行かず。
帰りしなに寄った、道の駅目の前にある青玉神社がすこぶるよかった。とにかく圧巻の一言。


私の人生を狂わせたマンガキャラ
小学生時分の私に、長身、良スタイル、スク水という性癖を付与したね。間違いなく。というか『ネギま』自体が性癖開花?のオンパレード、性癖の総合商社じゃないですかね?



以上。



■追伸

久しぶりにアウトプット出来て頭がすっきりした。
定期的にやらんとダメやね。

EzyT3LeWUAEIZUC.jpg
<蘇武岳から扇ノ山方面>
タグ:Twitter 播磨 Skeb
posted by ふおん at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188640974

この記事へのトラックバック