2020年06月29日

社会人生活の予想と実際

社会人になってはや3ヶ月になろうとしている。社会人になりWeblogの更新頻度が大分落ちて残念であるのだが、他方で肝心要な会社の方はというとそれなりに頑張っている(と思う)。

大学生時に思い描いていた社会人生活(収支、やりたいことなど)の予想と実際を検証する。



社会人でやりたいこと
2019.11.07付の記事「社会人でやりたいこと、続けたいことのメモ。」に於いては、

1.吹部への課金
2.通信制大学への入学
3.フォント、BGMの購入
4.同人誌(執筆)の継続
5.山登り(RTA)
6.音楽鑑賞旅行
7.個人HP
8.サッカー観戦
9.石川の方言・文化の継続

をあげていた。

現在、そのうちの5、7、8、9については実行、2、4については着手に向けて行動中、1、6については新型コロナの影響で機会が無く未実行、3については十分な資金的余力が無いため先送り中、である。

2の通信制大学への入学については、慶應通信の法学部乙類に出願することに決めており、さしあたり出願するにあたって提出する書評の書籍も決め、関連書籍と共に読み進めているところである。
ただ、今年の10月入学と来年の4月・10月入学、何れも入学できなかった際には、放送大学の産業と社会のコースに入学する予定。



新生活の収支
2020.03.20付の記事「新生活の収支は?」にて、収支の計算を試みていた。

*****

収入 200k
支出 150k
(うち、固定費80k、変動費40k、年金20k、健保10k、組合費?)
収支 50k

収支が50kほどプラスに出る見込みとなった。
残業代を含んでいないので、1日1時間あるとして(20時間、約30k)それを加味すると収支は+80k。初年度は合計で500kの貯金(30k*11=330kと冬賞与170k)を作ることを目標としているので、うち30kを月々貯金したとしても残が50k。項目にない生命保険(医療保険)を含めてもまあまあありそうだ。
カツカツな生活をしている今よりだいぶゆとりのある生活がおくれそうである。

*****

かなり楽観視していたようであるが、では現実はどうか。
直近の6月分の給与と支出(前月給与から)を例にすると、

収入:225k
(基本給200k+残業代25k)
支出:約225k
(固定費:110k、変動費80k、年金24K、健保13k、所得税5k)
収支:0
と、全然プラス収支になっていないのが現状である。
理由としては、引っ越しに合わせて購入したものが多かった、自作PCを勢いで作った、大学入学の準備のため書籍を購入している、上記に関連してほぼ毎週末梅田に行くため・毎月富山に帰るための交通費支出、などがあげられる。

収入面で交代勤(夜勤)が始まること・残業が20h超えてきていること、支出面では、来月から新生活の準備・拡充のための支出が大幅に減ること、より来月(度)からの収支は大幅に改善され、当初の目論見通り月50-60k程のプラス収支となる計算である。



学生時代に思い描いていた社会人生活は、半分程度は達成出来ているかなといったところ。思いの外やれている気がする。
社会人になってやりたい・やらなければいけないことも出てくるだろうから、全てが出来るわけではないのかもしれないが、この調子で実現の度合いを高めていきたい。
続きを読む
posted by ふおん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月14日

5/1-13のあれこれ。「青ブタ10巻(迷えるシンガー)を読んだ。」

12日は晴れ。若干雲が出ていたせいか、暑くはなく、心地の良い晴れの日であった。



あれこれ
播磨では北陸でメジャーなフクラギやガンドの刺し身がなく、マグロ、カツオ、サーモンが主。
美味しい。豚まんって冷蔵すれば2日は持つんやね。
これからどうなるんでしょうか…
今の所、配属されている事業部・職場単位では受注は減ってないと聞いている。

富山から播磨に引っ越しした際に、辛うじて動いていたPCが動かなくなったため、4月にRyzenでPCを自作したが、10日も持たず起動しない状態に。
なお、動かなくなった前の構成で、電源だけ新しくして組み直したところ無事起動。何のために新しく組んだのか分からなくなってきた。
恐らく、マザボの初期不良だと思われるので、交換できないか聞いてみる。

実際には、90%超が糖類・穀物をから(発酵法)、エチレンからの合成(合成法)は5%程度なのだそう。

ついに残業が始まる。今の所、強制ではない(したかったらしていいよ)のでまだいいが、これから先どんどん入ってくるのだろうか。1時間程度ならそんなものか、で済むが、2時間を超えてくるとキツくなってくる。

全日本吹奏楽コンクールも中止が決定され、今年は吹奏楽は聞きに行けないかもしれない。残念。

行きたいところリスト。

青ブタ最新刊(迷えるシンガー)
青ブタ迷えるシンガー.jpg
広川卯月さん回。8巻(ランドセルガール)も半ばづっきー回であるが、このお話がとても良い。大学在籍中は、づっきーのメンタリティに大変お世話になった。
づっきーを動画で見るためにも、ぜひ2期が実現してほしい。


三権がそこまで独立していないお話
実際に国家を運営・責任を負っている側が強いよね、っていうお話。
内閣が強いのは人事権・予算配分でコントロール(統治)出来るから。そのような制度になっているから。


ドメインの失効で消していたMy Wikiを復活させた。
fuon.jp/wiki (未整備)

大分落ち着いてきた。
政府も経済活動の自粛緩和へと舵を切る方針だが、韓国のクラブのように一度集団感染が起こると、逆戻りなので綱渡りが続きそうだ。

月末締め翌月払いなので初任給が遠い…



見た


はめふら面白い。今季継続して見ているアニメはこれしか無い。




作った
富山在住中に作る予定だったが、使う予定だった動画が消えたためだいぶ遅れた。
以上。



■追伸

久しぶりのあれこれ。
続きを読む
posted by ふおん at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月13日

ふおんは学生から社会人に進化した。

入社式なるものが開催され、社会人になった。

もしかしたら内定取消の可能性に怯えつつ、無事に社会人になったというものの、何か身に変化があったかといえば、まるでそのような感覚はない。3月31日以前と4月1日以降との間では断絶がなく、私個人(「ふおん」)には連続性が保たれており、変わりがないからかもしれない。

4月1日で、現在の勤め先の社員、また社会人となったわけではあるが、法的な地位はさておき、今この瞬間に社会人(社員)になった・なれたとは思っていない。現在の自分は右も左も分からぬ。ニュービーであり、凡そそうと言えるような状態の人間ではない。
これから先、所属する成員の一人として、ひとつひとつのことを覚え、社会や会社に参加・参画することを通して、社会人や社員になっていくものだと考える。
社員に「なる(する)」行為を通して、社員として周囲から認められるものである。

入社式や各種研修を通して、「新入社員には将来に期待はしているけれども、即時に戦力になるとは思っていないので、まずは言われたことをしっかり覚えて欲しい」と言われている。そして、自分もそう思っている。
歩みは遅くとも、前に向けて進んでいきたい。



以下雑感。


新入社員研修

敬語や電話応対、メール文作成等は就活時に一通り学んでいるので、退屈であった。就業規則については、労働法や社会保障法の講義を受けているようであった。

工場であるので安全についても学ぶ。



工場の人たち

工場で働く人たちというのは、かなり幅のある人間で構成されている。
まず、これまで関わりがなかったような中卒(高校中退)者が少なくない数がいるし、事務の新卒は地元の商業科、現場(製造)採用の新卒は地元の工業高校をはじめとする高卒の人間であり、大卒の人間は少数派である。

また、正社員か派遣社員かでも分けられており、均質だった大学やかつてのバイト先とは大きく異なった社会構成をしている。

学歴や正規・非正規の違いで従業員の間にわだかまりがあるか、といえばそんなことはなく雰囲気は良い方だと思うが、扱い方の違いから見えない壁は感じた。



大学・ゼミという存在

大学の授業・ゼミやバイト先等で普通と思っていたことが、全然普通のことではなかったことにショックを受ける。恐らく、あの大学の中、あるいは学生同士だったから出来ていたことが相当存在していた。

ほとんど同じ水準の学力を持ち、また興味のある研究領域が近い人間で構成されているゼミは、今思えば最高の学習環境であった。



以上。



■追伸

PCが起動せず壊れているのと、ネット環境がモバイルしかないので、更新しづらい日々が続く...
タグ:会社
posted by ふおん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記