2018年03月04日

碁石ヶ峰とカレー麺

本日、3月4日に行った碁石ヶ峰の登山記と、昨日予行として外で食べたカレー麺の記録。



カレー麺
当初は岩瀬浜に向かおうとしていたが、結局呉羽山へ向かうことに。
日中は暖かかった(15度ぐらいまで上がった)が、陽が落ちるとぐんぐん下がり寒く感じるほどに。
寒く、息が白くなる中食べたカレー麺はクッソ美味かった。ココアも美味しい。こりゃあうまいココアだぜぇ!!
各務原桜さんも昨日の満月を見ていたのだろうか。



碁石ヶ峰
4時半に起き始発で行くはずが、9時起き…
大聖寺までIR(敦賀まで3セクに転換)になった際に、福井(敦賀)〜金沢間に急行でも走らせるのだろうか。
その際は、急行券のいるJR型と不要の私鉄型、どっちの急行になるのだろう。
能登部〜原山大池が約6km、原山大池〜碁石ヶ峰山頂が約1.5km
碁石ヶ峰に来たことを実感する。2年ぶりぐらいかな。
前はどんなのだったかな…写真には収めているはず。
一番キツイのが3キロから2キロ過ぎるあたり。ここはひたすら登るだけ。
通行止めの基準となる雨量観測所。
雨量観測所付近で稜線あるいはそれに近いところに出るので、平坦な箇所や一部下る部分もあり比較的楽。景色も良くなる。
雪が湖面に積もっているのか、それとも凍ったのかよくわからない。
「カシャ」という雪が崩れる音が聴こえる。
除雪されていたのは県立鹿島少年自然の家までで、そこから先は雪に閉ざされていた。
前3月に来た時は登山道直下の駐車場まで除雪されていた記憶があるのだが…

仕方がないので、原山大池まで戻り、そこでちゃんぽん麺を作る。
ニコ生のタイムシフトを忘れたので、作っている最中の動画像は一切残っていない…

タイムシフトを後で設定出来ることを知りました。





風が強く、危うく池に物が落ちそうに。
1時間ほど原山大池に滞在した後、下山開始。
登りの最中はそこまで感じないが、下る最中に(上から)見るこの場所はとても好き。
薄暗い雰囲気の中、木々のざわめきだったり、鳥の声、擁壁一面に広がる鮮やかな苔。とても気に入っている。
いつぐらいだろう。6,7年前に、この場所を工事車両が出入りしていたような記憶があり、最後に碁石ヶ峰を訪れた2年前にもやっていたので5年ぐらいか。
登りは1時間程、下りは45分。
意外に遠い住吉神社〜能登部駅。歩いて40分ほどかかる。
スノトレで行ったので、足の裏が痛い……
ハイキングシューズ買ったほうが良いな。



以上。



■追伸

2015年11月22日に、ばいたる☆エクササイズを踊りに碁石ヶ峰に来たのが最後だったので、2年4ヶ月ぶりの碁石ヶ峰。
日記もあった。

posted by ふおん at 22:12| Comment(0) | 旅行記

2018年01月13日

関西週末旅行

1月8日から翌9日までの関西旅行の記事。週初だけど週末。

大聖寺→京都

土が露出してたんで、多分土砂崩れがあったんと違うかなぁ。可愛い。地下鉄東西線と京阪線京津線の両方の山科駅から東山に行ける。
寒いから地下鉄の方に行けばよかった。サンフェス!2の会場でもあった、隣のみやこメッセでどうやら成人式が行われていたみたい。成人式に出席しなかった身としては寒い中よくおいでたね、という感想。
電波悪すぎだった。特に、みやこメッセに近い場所はほぼ繋がらなかった。電波立ってなかったし…
ショートムービー見たかったなぁ。
京都府教育委員会(教育庁高校教育課)の資料と東宇治高校の資料を読み(コピーしに)行った今回の関西旅行だったけれども、ツイート通り新発見等々非常に有意義な時間だった。
得た情報を基に、夏コミは『川島緑輝と教育制度』の発展版を出します。
加古川温泉みとろ荘に行きたかったけど、雨降っとる夜に厄神から歩きたくなかった。
安心と信頼の美味しさ。
これ、めっちゃ美味しかったので、今度加古川来た時も食べてみようと思う。
オヌヌメ。
京都に帰還後、紅葉書店に行きました。

りゅうおうのおしごと!
冬アニメは、りゅうおうのおしごと!とゆるキャン△、あとポプテピピック(?)の2ないし3本は決まり。りゅうおうのおしごと!は石川方言を時折挟む石川県出身の女の子が、ゆるキャン△は鎧塚みぞれ先輩風の女の子が出て来る。

2日目
固すぎ。どうなってるんや。
わりと美味しかった。
京都市桃山区と宇治市の境界。
久美子達京阪組は一度桃山区の京阪六地蔵(京都市・乙訓通学圏)から、通学圏の境界である山科川を越えて宇治市(山城通学圏)の北宇治高校に通っている。
京都市伏見区深草に居住していると推定される川島緑輝以外、通学のために通学圏を2回も(宇治市→桃山区→宇治市)行ったり来たりしてるのは面白いなぁ。

宇治
さわやかウオーキングの動画でも分かる通り、風がめっちゃ強い。天狗でもおいでるんかと思った。(小並感)
高坂麗奈「滝先生のこと馬鹿にしたら許さないんだから!」の場所。
マウントレーニアと写真を撮ってくれる方がいなかったので、ベンチだけ。

宇治→土師ノ里
京阪奈横断よりも、京阪経由の方が早くて安かったため、京阪で。
名神やJR・阪急は淀川右岸を通るし、地元民以外淀川左岸(上流側から下流側みた時に、左にある方を左岸、逆は右岸という。高槻市や吹田市は淀川右岸。)ってなかなか通らない希ガス。

大鳥塚古墳
鳥塚ヒロネ先輩の後輩諸氏の聖地たる大鳥塚古墳。
ここらへんは古墳が山のようにあり(畑の中にも墳墓のような小さい丘がちらほらと見かける)、併せて古市古墳群と呼ばれている。
応神天皇陵はパット見山。マジで。

帰路

感想
北陸含めても、「何時に何処そこに行って何々をする」という明確な目的を持たずゆるぶらっと行く旅行は多分初めて(2日目、大鳥塚古墳に行くというのは決めていたけど何時行くかは決めていなかったし、宇治行くことは決めてなかった。)だったので、こういうのんびりとした、時間に追われない旅も良いものと感じた。
以上



■追伸

後日、写真と動画を追加すると思います。
タグ:大阪 京都 宇治
posted by ふおん at 00:31| Comment(0) | 旅行記

2017年10月10日

秋の奥飛騨旅行 新穂高・平湯

秋晴れの10月8日に奥飛騨に行った。
後日、動画にして出す予定であるのでとりあえずTwitterに上げたものを簡単にまとめもの。

そうだ、平湯行こう
西穂高=新穂高
フル装備はバックに余裕がなくなるのでちょっと考える。風呂の用意をせなあかんし…
結局は通り抜けせず、上記の予定通りに。

当日
このきっぷの詳細は地鉄のHPで。

出発

新穂高
バス停からの1本目のロープーウェイはすぐに乗れたが、しらかば平での乗り換えは30分以上待った。
秋の紅葉シーズンということで大混雑。
山の合間から宝達山も見えた希ガス(方向的にそうであるが、確証がない…)

平湯へ
ここと新穂高ロープウェイから見える防砂ダムが好き。

平湯
平湯大滝、意外と良かった。


去年の松本戦の時に引き続き、今回も平湯温泉でゆっくりできなかった…
まぁ今回は15分ぐらい入れたので、前回の10分未満よりかは大部ましだったけど、いずれにせよ時間を気にせず居られなかったのは痛いなぁ。
冬にも来てみたい。

以上。
posted by ふおん at 00:46| Comment(0) | 旅行記