2024年03月29日

2024年度の資格取得と学習の計画のメモ書き。

1月31日付の「資格取得と学習の計画のメモ書き。」にて、2024年の資格取得計画を出していたが、2月が経ち当時とは状況が一変したので修正したものをあげる。


状況の変化
去る3月20日に父が永眠し、今年一年(特に直近の3ヶ月は)その後処理(法要、相続など)に時間がある程度割かれるであろうこと、また数学の学習が進んでいないことから受験計画を見直した。

20240329_受験と学習計画.png


数学の学習が一向に進んでいないことからDS上級の受験はパスする方向に。また、統計2級も8月受験を諦めて応用情報の後に回した。今年度の上期は工事担任者でネットワーク関係、SG(セキュリティマネジメント)でセキュリティ関係を学びつつ、応用情報に挑戦する、という内容に変更した。数学の勉強も上期のうちに高校部分が終わったら良い方かも。
後期は統計2級に挑戦し、その勢いでQC2級に挑みたい。
もし余裕があれば、11月24日にある工事担任者の定期試験で総合通信か第一級デジタル通信を受験してみたい。まぁ、そんな暇があるなら統計2級に注力すべきなんだろうけど。

通信系は工担(2級デジ)→工担(総合通信or1級デジ)→電気通信主任技術士→ネットワークスペシャリスト→第一級陸上無線技術士みたいなルートで取れていけたらなぁ。

大きな試験としては応用情報と統計2級、QC2級、(工事担任者(総合通信or1級デジ))か。うち2勝出来たら成功かな。
タグ:資格・検定
posted by ふおん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘備録

2024年01月31日

資格取得と学習の計画のメモ書き。

新年明けました?「2024年の目標・計画や抱負。」にて、資格の取得計画を立てていた。
そのうち、2024年第1四半期(2024.1Q)で予定していた「データサイエンティスト数学ストラテジスト[中級]」(以下DS数学中級(または上級)と表記する)に早めに受かったので、計画を再度考える。

受験と学習計画.png
〈受験と学習の予定〉

QC検定までは数学1A2Bと並行してQCの勉強を進める。
終わったら、数学に加えて情報セキュリティマネジメント(SG)の勉強を行い、2Qの早め、5月中には取得して数学と統計の勉強に時間を割きたい。理想で言えば2Qの末ぐらいにDS数学上級を受験してパスしたいところ。
出来なかった場合は7月に持ち越し。その場合は統計検定2級は応用情報の前に受験せず、応用情報に集中するかもしれない。まぁ、両方とも一回目の試験は威力偵察のつもりで受ける予定であるから、準備期間がなくても良いと言えば良いが。
応用情報後は統計2級に注力しつつ、大学数学(線形代数と微分積分)についても補助的に取り掛かる。
応用情報(10月)までの3ヶ月間(3Q)がかなり流動的になりそうではあるが、こういった形で進めていきたい。

数2Bと3C、そして大学教養レベルの数学が含まれるDS数学上級を2Q末迄に突破しようとすると、1A2Bは少なくとも3月までには終わらせておかなければならない。いくら、中級での出題傾向からいって教科書レベル程度とはいえ、3C以降は全くの未知の世界。空いた時間を使うかは別として、時間を割けれるようにはしたい。
3Q以降の受験や学習計画を占う上で、DS数学上級の取得は上半期最大の山場になる。
苦手意識が強すぎる数学の学習に如何にして進めていくか。頭だけを動かすのではなく、実際にどれだけ手も動かせるかに全てが懸かっている。

8月と10月、なにかの手違いで受かってしまった場合はその時考える。


参考書籍のメモ書き
・DS数学上級(と微分積分・線形代数)
高校数学は『基本問題精講』+『青チャート』。
大学数学の分野は『ゼロから学ぶ微分積分(線形代数)』と数研出版の『大学教養 微分積分(線形代数)の基礎』、『データサイエンスのための数学』講談社.あたりなのだろうか。
離散数学(情報数学)の部分は、『情報数学の基礎』森北出版、『離散数学』オーム社あたりか。

・SGと応用情報
なんか適当に買う

・統計2級
統計2級のテキストや統計学(赤本)等、すでに買ってあるものをやる。



■追伸

とりあえずは目下最大の目標であるQC3級取得の完遂を目指しながら数学を頑張ろう。
QC受かったらSkebの依頼を出すんだ……
タグ:資格・検定
posted by ふおん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘備録

2024年01月02日

2024年能登半島地震のメモ書き

当日の記憶を忘れないためにメモを記す。

地震前
C103(コミケ)に参加していたため、1月1日午前は宿のある藤沢にいた。

当初は19時頃に新横浜を発つ予定であったが、数日無理をしたのがたたってか身体が非常に重たく、動く気になれなかったため予定より8時間ぐらい早い11時半頃に新横浜を発つ。
15時過ぎに自宅に到着。地震を出先ではなく自宅でむかえられたので、新幹線の見合わせに遭わなかったため結果的に好判断だった。


地震発生時
16時12分頃、PCチェアに座ってPCに面していたが、妙なぐらつきというかゆらぎのようなものを感じる。画面の端をふと見ると、端のすぐ横手を通るモニターから伸びるHDMIと電源ケーブルが揺れていたので、ようやく地震が起きていると認識した。



どこで地震が起きたのだろうかとTwitterを見ると、能登半島を震源とする最大震度6強、さらに津波警報が表示された画面を目にする。(数分後に最大震度7と大津波警報に変わる)
また、16時10分の地震の直前にも地震(16時6分の地震)があったこと知る。これについては播磨では感じなかった。

その後も震度5や4の比較的強い地震が続く。
余震の規模といい、短いスパンで相次いで起こるといい、実際に能登で体感した2007年の能登半島地震のような印象を受けた。


16時25分頃、祖父母、ついで父との連絡に成功。無事を確認。震度7の揺れがあった志賀町(ただし、旧富来町のあたり)の父母の住居(高浜付近)は健在だったが、棚等が倒れかかったとのこと。

1日23時3分に再び「震度7の地震」が速報されたが、播磨では揺れを感じず、また地震発生時刻の映像も揺れておらず、各地の震度マップも16時10分のものと同一だったため、誤報と確信。23時20分頃に震度7の発表は誤り(実際は最大震度3)だったと気象庁が訂正。

1日夜、輪島と珠洲で火災。テレビ金沢の配信映像を見る限り輪島の火災は鎮まっていく気配がない。

2日1時半現在、北陸道が丸岡より先で全面通行止め。数日は影響が出ると思われるので、行けそうにないが通行可能になったら速やかに帰石し、自宅と墓等の被害確認に向かう。



■追伸

被害が少しでも小さくなるように祈る。
posted by ふおん at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘備録