2020年12月10日

冬のボーナスの皮算用。

どうやら弊社では冬のボーナスが支給されるらしい。流石に前年度比で8割程度に留まるとのことだが、初の満額支給である。ありがたく使おう。



使いみちとその候補
・DENON PMA-60
プリメインアンプ。当初、USB-DACを探してDA-310USBに行き着き、家電量販店で実物を見に行ったところ、その横にPMA-60が置いてあった。機能としてはDA-310にアンプ機能を搭載(むしろ、DA-310がPMA-60からアンプ機能を除いた)したものであり、スピーカーを追加することもできる。現在のPCはモニタ内蔵のスピーカーを使用しており貧弱な環境であるので、スピーカーを追加できるこっちのほうが良いのかもしれない。(ただし、冷蔵庫が近いのでもれなくノイズが入る。)
50kぐらい。

・借金の返済
引越し費用として10万円ほど親から借りていたので、その返済。

・大学入学のための貯金
後日改めて書こうと思っているが、工場労働は時間が過ぎるのが早く、気がついたら給料が振り込まれているような、楽といえば楽な仕事である。だが、人生を猛烈に消費しているような気がして嫌なので、なにか継続して実現できること、として通信制大学への入学。
150k程度必要であるが、そのうち50kあれば良い。

・卓上電気鍋
室内で鍋をするため。15kぐらい。鍋は別途か?(+5k?)

・秋アニメの円盤とサントラ購入。
虹ヶ咲はBD購入したい。
サントラは、虹ヶ咲、神様になった日、魔女の旅々が欲しい。

・RTX3060
GTX-970とGT-710では流石に4画面が厳しくなってきたので。40k。

・LCD-M4K321XVB
メインモニターを4Kにしてみたい。60k。

・HDDの購入
Dドライブの容量が切迫し、Cドライブも圧迫しており、早急に改善したい。


支給額の皮算用
社員の平均支給額は発表されたが、実際にどれだけ支給されるのかが不明である。というのも、入り口(職掌。総合職か一般職、製造職)によって支給月数が違う(と思われる)からである。

入社前にもらった大学新卒者(総合職採用)の場合、1年目の実際(2018年度)の賞与支給額が3ヶ月弱ほどとなっていたが、職掌関係ない、社員全体の平均支給額が夏・冬合わせて約3ヶ月であった。今年の夏の賞与が半月であったので、都合2.5月弱が想定されるが、そうすると、平均支給額より1月ほど多い計算になる。
また、現場の社員の方に賞与の話を聞いた時は1月程度と伺っていたので、現場職と総合職では差があるものと思っている。

果たしてどれだけ頂けるものであろうか。
1.5を最低ラインに、1.8で満足、2で大満足と心得ておこう。



■追伸

2月あったらモニター買おう。
タグ:会社
posted by ふおん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月07日

2020.12.06 関西週末旅行

6日は晴れ。日差しが出ている日中は暖かい。北陸だと寒いと感じる季節であるが、関西、それも瀬戸内沿岸であると春とさえ思うほどの陽気である。

週末は大阪・神戸に行くことが恒常化している今日この頃。今日も今日とて大阪・神戸に行く。


慶応義塾大学出版会から出ている、広田ら『心理学が描くリスクの世界 第3版:行動的意思決定入門』2018.を探しに行ったのであるが、見つけたものの手持ちの関係上結局買わずじまいに。代わりに、坂井『ミクロ経済学入門の入門』岩波書店,2017.を購入。非常に取っつきやすい内容であったので、大学在籍時に読んでおけばよかったと少し後悔している。

ミクロ経済学と心理学の融合分野である行動経済学(経済心理学)に強く惹かれる。

富山市呉羽にあるあっぷるぐりむのような店を探していたら、見つけたので行ってくる。弾丸ハンバーグはさわやかみがあった。

地下鉄海岸線には横山三国志の壁紙が貼ってあるなど、神戸市の三国志推しは謎。

今冬買ってよかったものその2(その1はネックウォーマー)。QOLが激増した。

クレープに不味いものは無い。9の日はクレープ全品340円らしい。



今週末やりたいことを全て実現でき、次の目標が見えた、大変充実した週末であった。
タグ:めしログ
posted by ふおん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2020年11月25日

XBA-N3の購入と感想。

去年の就活時にXBA-H3を無くして以降(それ以前まで使っていたXBA-3SLが見つからなかったので)、イヤホンはA867付属のイヤホンを使用しており、半ばこれでも良いかと納得していた。しかし、秋アニメが豊作でCDを多数購入した、8月以降残業戦士が続き小金がある(冬ボーナス目前である)ことより、オーディオ熱が再び帯びてきたので、同じくバランス型のイヤホンであるXBA-N3を軽率にイヤッッホォォォオオォオウ!してみた。


XBA-N3.jpg
幅の国のソフマップで購入。ポイントを使用して21kぐらい。

ベンチマーク曲の感想としては、
capsule「Starry Sky」 高音刺さらない ○
神谷奈緒「2nd SIDE」 さ行・摩擦音が若干刺さる △(サビ「し」が…)
萩原、三浦、四条、秋月「アマテラス」 サビ後ろのピアノがバスドラムで埋もれ気味 △
で、満足できる部分もあるが、不満の残る部分もある。

予想外、というよりも姉妹機(下位機?)のN1の視聴だけで、N3を購入してしまったのが良くないのだろうけれども、低音、特にバスドラムの主張がここまで強いとは思わなかった。N1の音が好きだったのでもっと良くしような感じなのかと勝手に想像していたのであるが、N1を低音強化(色付け)したようなものであった。半ば本気でXBA-N3 Extra Bass Drumに名称を変えるべきだと思う。
エレクトロニカ(ダンスミュージック)を聞く分には最高のイヤホンだとは思う。Perfume「TOKYO GIRL」とかはこの曲のために作られたイヤホンなのではないか?とも思えるほどマッチしている。

高音はN1と変わらない(似たような)、キンキンしない綺麗なもの(虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会「NEO SKY, NEO MAP!」のストリングスが驚くほど華やかに聞こえる。)なので、低音(125〜250Hzぐらいから下)をイコライザで調整すればなんとかなる範囲ではあるが、バスドラムがドコドコ聞こえるような曲はあまり聞かないのであれば、N1の方があっているように思う。(私もN1でも良かったように感じている)
ただ、現状非力な視聴環境であるので、もう少しパワーのあるA55で聞くとまた違った音になってくるのかもしれないが。



総評としては星4ぐらい。




■追伸

SONYの(ハイブリッド型)イヤホンはこんなに綺麗な、優しい高音が出せるのに、ことヘッドホンに関してはM1A2などハイエンド帯のものでも高音が突き刺さるのは何故なのだろう? ヘッドホンはSONYではなく、AKG(K712 ProかK553mk3)かsennheiser(HD660S)が良いわ。
posted by ふおん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー