2022年10月24日

卒検合格、車校からの追放

前回の自動車教習に関する投稿(8月12日付)から大分間が開いている内に、仮免試験(修了検定)を突破し、そして今日卒業検定に受かり、無事自動車学校を追放となった。

7月から通いだして約3ヶ月半。最初の頃(第一段階の前半)は半クラのコツをなかなか掴むことが出来ない、またアクセルをふかしすぎる癖があって、発進に失敗しまくり、エンストしまくりであった。
なんとかエンストする回数が減っても次はS字、クランクで脱輪するのが増えて教習が大分延長になった。

仮免・修検は一発合格。しかしギアチェンジがうまくいっておらず、第二段階に課題を残す事となり、これが路上で爆発した。

第二段階に入り最初の数時間は思いの外スムーズに進み、構内教習よりも楽だとさえ感じていたが、それは走りやすい快走路・バイパスを走っていただけであり、市街地に入ると激変。
エンジンブレーキによる減速→幅寄せ→ブレーキで徐行に→ギアを2に落とす→(巻き込み確認→)右左折という流れであるが、頻繁に、かつ円滑なギア操作が出来ないので右左折に手間取る。
卒業検定でも交差点での停止時にギア操作に迷いが生じてエンストしかけたり、(徐行速度までは落としたけれども)2速に入れられずに3速で曲がるなど、最後までこの問題は解決できなかった。

MTの免許を持つんだし、せっかくだからMT車に乗ろうと思っていたが、高速教習でプリウスに乗った際にクラッチ、ギアチェンジ操作をしなくて良いATの便利さに触れたのでAT車に乗ろうと思う。
ATでの坂道発進、狭路走行、バックはやってないので不安ではあるが。

今週、明石での試験を頑張ろう。



■追伸


無事に卒業はできたけど、延長無料コースで10時間近く延長しまくってる上に、高3生や卒業を控えた大学生が入ってくる繁忙期直前で後がつっかえてた、という経営的事情が少なからずあるだろうなぁと感じた。
卒検自体も卒検前にやったみきわめと全く同じコースであったので、卒業にあたり下駄を履かせてもらった感がひしひしと。

抜き打ちの対象になったらどうしよう…
posted by ふおん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月24日

8/27-28 鳥取遠征のメモ(カターレ観戦、氷ノ山登山)

今週末、カターレのアウェイ鳥取観戦を予定している。そのついでに、去年登頂を果たせなかった氷ノ山にも挑みたい。
そのメモ。



大まかな予定
27日(土)

姫路→若桜(氷ノ山)
1.タクシー利用
0635 姫路
0725 上郡
(いなば)
0827 郡家
0845 郡家
(バス 若桜行)
0913 若桜
(タクシー)
1000? 氷ノ山登山口(氷ノ山自然ふれあい館響の森)

2.コミュニティバス利用
0836 姫路
(はくと)
1006 郡家
1038/1043 若桜駅
(バス)
1108 ふれあいの里

氷ノ山→鳥取(Axisバードスタジアム)
1638 ふれあいの里
1658/1700 若桜車庫
(バス)
1800 鳥取駅
(ホテルチェックイン?)
(タクシー)
スタジアム

若桜車庫での接続が2分しかないので、失敗した場合は
1638 ふれあいの里
1700 若桜駅
1730 若桜駅
(若桜鉄道線)
1830 鳥取駅

時間が非常にタイト

28日(日)
岡山に行って8番食べてから姫路に帰っても良いかな。
posted by ふおん at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月12日

「半クラ練習」教習記その2。

11日も技能教習があり、S字カーブとクランクを習う。
その前に、半クラの練習があったため、微速で運転でき、脱輪させずに終えることが出来た。(ただし、合格はもらっていない。)
坂道発進もエンストさせず、また今回はエンストは1回のみであったので少し今後の教習に自身が持てた。

半クラ…コツを掴みつつある
アクセル一定…前よりかはできるようになった。ただ、メーターを見ないと出来ない。
発進…半クラとアクセル一定を同時に、ではなく、半クラで少し進み始めてからアクセルを入れる方法で若干スムーズになった。ただし、上記と同じでメーターを見ないと出来ないのでまだぎこちない。2センチ戻してから1ミリずつ調整することを忘れない。音だけで発進できるようになろう。
ハンドル操作…いままで習っていた講師の指示で、手をクロスさせずに操作していたのに、それだとハンドルが大きく切れないとダメだし食らう。曲がる方と逆の手で回す、片手は添えるだけ。きつくなったら手を持ち帰る。大きく回しすぎたと思ったら戻す。
視点…手元、特にメーターを見るので、発進時はかなり近く、周りを見る余裕がない。

12日も教習。頑張ろう。



■追伸

講師によって教えてることが違いませんかね…
タグ:教習
posted by ふおん at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記