2024年03月17日

人間になりたい。

3月に入ってから悪性リンパ腫の闘病生活を送っている父の容態が悪化した。
1月下旬の時点では電話で話せていた。3月の頭に母から父の容態が著しく悪化しているとの電話があり、病院に向かったが病院の規定により県外者は面会できなかった。動画でメッセージを送って、その返事を動画で見た。まともに話せてはいなかったが返事は出来ていた。

検査中ではあるが骨髄にまで腫瘍が拡がっているかもしれない、と言われた。

1週間が経ち、検査の結果が母から伝えられた。骨髄には拡がっていなかったものの、肝臓と腎臓の数値が著しく悪いとのことで、足がむくんでいるとのこと。医者も手の施しようがないとのことで、いつどうなるのかわからず、いままで禁止されていた県外在住のキーパーソン以外の家族にも面会の許可が下りた。月曜日に面会予定である。医者から余命等の宣告があったのか、それは聞いていないが、許可が出たということはそういうことなのだろうと思う。

今のところ会話は十分に出来ていないとのことだが、呼びかけには応じているらしい。姉の子(父からは孫)と会いたいとも言っていたそうだ。



最初、もう長くないかもしれないと母から伝えられた時、葬儀や家のことが面倒であるとか、お金のことが心配とか、父の生死よりも自分のことが真っ先に浮かんでしまい、どこまでも自分本位的な立場で物事を捉えていること、そのことが辛かった。
面会の時が近づくにつれて、父が夢枕に立つことが増えた。夢から目覚めるたびに別れの瞬間がきたのではないかと考えてしまう。
また、面会に行くこと自体も別れのあいさつをしに行くようで辛い。そして何よりも、病院に会いに行けば生きているのに、すでに死んだ(死ぬ)ものとして行動しなければならない、という現実が一番に辛い。万が一を考えなければならないことは重々承知しているのだが、死ぬ前提で話を進めていくのが苦しい。

生母が亡くなってから今の母と再婚するまで一人で育ててくれて、また留年したときも何も言わずに支えてくれた父であったが、その父に私は何も返せそうにない。
月曜日、面会の時に、父に何を言えばいいのだろうか。そればかり頭の中で回り続ける。

病状について詳しいことは何も言わなかった父に対して、なにもないと安堵していた、いやむしろこれから確実に起こり得る未来を受け入れたくがないがために存在ごと消していたのだと思う。

父が直面していた自体に何もせず、自身があっても家に帰らず、私は一体全体何者なのだろう。
就活時にも思っていたことではあるが、やはり私はヒトの外形をした別のなにかなのではないだろうか。



人間になりたい。
はやく、人間になりたい。
タグ:
posted by ふおん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録

2024年02月12日

2/5-11のあれこれと学習記。「三角比と『お嬢様投資をはじめる!』」

今週(2月5日から11日)のあれこれ。



渡波郁『お嬢様投資をはじめる!』マイナビ出版,2023.

元生徒会長の高園寺椿さんが最高でFA。
最終の3巻まで読み終えたが普通に勉強になった。
現状NISA等やってはいないが、もし投資をはじめるのであれば、長期保有を前提としてインデックスファンド等で分散してやろうと思った。

『CPUの創り方』の作者様だったとは……


Nash
Nash Music Libraryの音源がニコニ・コモンズに登録され、ニコ動内であれば自由に使えるようになっていた。
変な話、フルの視聴が出来るので、ここで購入前に聞いてみるのも良いのかもしれぬ。


富大経済学部改組
経営法学科の政治力が弱いのか、日大経営学部からクレームが入ったのか、定かではないが「経営法学科」がこの先消滅するらしい。経営法学科が成立した直後から法学科への改称を目論んでいたけど、それがついぞなし得ぬまま消滅へ……
改組後は「経済経営学科」になるそうですが、現在の学科名(経済、経営、経営法)から一文字ずつ採って、新「経営法」学科じゃあかんかったのか。

夜間主もなくなるとはびっくり。


学習記(高校数学とQC検定)
『数学T・A 入門問題精講』の三角比(p.152)まで終了。
第1章の「数と式」が簡単だったから、早く終わるんじゃないか、と思っていたが全然そんなことはなかった。早くて1章1週間ぐらい(10時間前後)かかりそうである。
1日の学習時間にも撮るのだろうが、1冊に最低限1.5ヶ月は必要だろうな……


QCはテキストの19章あるうちの12章まで読了。
品質管理の試験というよりかはなんか国語、文章の読解問題みたいだ。
タグ:数学
posted by ふおん at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年01月31日

資格取得と学習の計画のメモ書き。

新年明けました?「2024年の目標・計画や抱負。」にて、資格の取得計画を立てていた。
そのうち、2024年第1四半期(2024.1Q)で予定していた「データサイエンティスト数学ストラテジスト[中級]」(以下DS数学中級(または上級)と表記する)に早めに受かったので、計画を再度考える。

受験と学習計画.png
〈受験と学習の予定〉

QC検定までは数学1A2Bと並行してQCの勉強を進める。
終わったら、数学に加えて情報セキュリティマネジメント(SG)の勉強を行い、2Qの早め、5月中には取得して数学と統計の勉強に時間を割きたい。理想で言えば2Qの末ぐらいにDS数学上級を受験してパスしたいところ。
出来なかった場合は7月に持ち越し。その場合は統計検定2級は応用情報の前に受験せず、応用情報に集中するかもしれない。まぁ、両方とも一回目の試験は威力偵察のつもりで受ける予定であるから、準備期間がなくても良いと言えば良いが。
応用情報後は統計2級に注力しつつ、大学数学(線形代数と微分積分)についても補助的に取り掛かる。
応用情報(10月)までの3ヶ月間(3Q)がかなり流動的になりそうではあるが、こういった形で進めていきたい。

数2Bと3C、そして大学教養レベルの数学が含まれるDS数学上級を2Q末迄に突破しようとすると、1A2Bは少なくとも3月までには終わらせておかなければならない。いくら、中級での出題傾向からいって教科書レベル程度とはいえ、3C以降は全くの未知の世界。空いた時間を使うかは別として、時間を割けれるようにはしたい。
3Q以降の受験や学習計画を占う上で、DS数学上級の取得は上半期最大の山場になる。
苦手意識が強すぎる数学の学習に如何にして進めていくか。頭だけを動かすのではなく、実際にどれだけ手も動かせるかに全てが懸かっている。

8月と10月、なにかの手違いで受かってしまった場合はその時考える。


参考書籍のメモ書き
・DS数学上級(と微分積分・線形代数)
高校数学は『基本問題精講』+『青チャート』。
大学数学の分野は『ゼロから学ぶ微分積分(線形代数)』と数研出版の『大学教養 微分積分(線形代数)の基礎』、『データサイエンスのための数学』講談社.あたりなのだろうか。
離散数学(情報数学)の部分は、『情報数学の基礎』森北出版、『離散数学』オーム社あたりか。

・SGと応用情報
なんか適当に買う

・統計2級
統計2級のテキストや統計学(赤本)等、すでに買ってあるものをやる。



■追伸

とりあえずは目下最大の目標であるQC3級取得の完遂を目指しながら数学を頑張ろう。
QC受かったらSkebの依頼を出すんだ……
タグ:資格・検定
posted by ふおん at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘備録