2022年03月02日

「異動がなかったことになったり、転職の準備を決意したり。」

退職という選択が脳内にちらつく今日このごろ。
ようやく訪れた暖かな春の陽気とは裏腹に、人生ないしは社会人生活に厳しい冬が訪れている。

突如として昨夏に異動があったが、今冬(今春?)再び異動が発表された。
そもそも昨秋の段階では、新年度にようやく現場から管理部門に移動する予定であったのだが、2月に上長の話ではそれがなかったこととされる。それに疑問を持ったため、管理部門の方に確認を取ると、部門の長としては受け入れようとしているし、4月とは限らないが異動の話自体は存在する、とのことであり、話がまだ降りてきていないだけのこと、と認識していた。
が、その話とは関係なしに、別の職場での人員不足を理由にその職場へと異動が命じられた。

自社の人事異動に関して、自身も体験済みなので分かっていたことだが、急すぎる上に、人事に関する統一的な意思決定機関が存在しないために、部署・職場間の力関係や所属している部署・職場の忙閑度合によって突如として異動が決まるという、最悪な人事システム(システムなのか?)となっている。
これでは新卒者の目標が、現場からの脱出になるであろうし、実際なかったことにされたためそのように行動したのであるが、結果は如何ともし難いものとなった。

転職を考えるに十分な出来事であった。



■追伸

ただし、1回目の異動では表さなかったが、強い不満と承服しない旨を伝えたので、少しは牽制することは出来たのではないかと思う。
何れにせよ会社を含めて現場からの脱出行動を加速・進展させる。
タグ:会社 愚痴
posted by ふおん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月29日

最近のあれこれ。「流行り病かと思ったら違った。」

あけましておめでとうございます。
更新をサボってたら、もう2月になりそうな勢いに驚いている。

先週あたり(1/18)から心臓から右肺にかけて、痛みというか違和感が出ていたが、今週に入りそれが強まった・肺全体に広がったため、もしや流行りのオミクロン株では、と思い病院で検査してもらうことに。
検査中、これで2週間休める、ラッキー程度に思ってやり過ごしていたが、抗原検査の結果陰性。皮算用は無事に外れてしまった。嬉しいやら悲しいやら。

検査の内容は以下の通り。
・抗原検査 インフルエンザの検査と同じく、綿棒を鼻腔内に突っ込まれる。
・パルスオキシメーターによる酸素飽和度測定 95%ぐらいだった。
・レントゲン撮影 きれいに映っており気胸、胸水の恐れもない。
・肺機能検査 18歳未満の数値でかなり良好。肺活量が6Lぐらいあって驚いた。
・心電図検査 取り立てて不整脈などはなかったみたい。

新型コロナではないのなら、ワクチン接種はモデルナだったため、心筋炎の可能性も疑っていたが、心電図検査では何の異常もなかったので、その線も薄いようである。
原因不明な謎の胸痛(肺痛)である。

総じて、4000円ほど支払って、原因は不明だけど肺機能はすこぶる良好だよ、と分かった検査であった。



追伸
昨年の振り返りと今年の目標を立てる投稿をしないまま年末年始が過ぎてしまった…
反省。
posted by ふおん at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月22日

10月末ぐらいからの最近のあれこれ。「青倉山・黒川温泉と現場からの脱出(?)。」

久しぶりにWeblogの更新。
もうちょっと気軽に投稿していきたい。

最近(10月末ぐらいから)のあれこれ。



青倉山・黒川温泉
割と時間がかかるのではないか、と計画時点では思っていた。
青垣峠、国道とは言うものの、峠の東(朝来市青垣町大名草)側は林道といったありさま。勾配も急で、50ccのカブだと1速ぶん回しで15km/hを出すのがやっと。幸い対向車、後続車が来なかったからなんとか越せた。
朝5時頃から出発したが、当日の気温は多可町あたりで3℃と極寒であった。ろくに防寒対策をしていなかったので、凍えながら向かうことになってしまった……

画像からでは少しわかりにくいかもしれないが、現地でダムをみると集落の奥に突如として壁が立っており、異様な光景を見ることが出来る。
堤高は90mぐらいで、結構な高さ。
黒川ダムはユニークなダムで、太平洋に注ぎ込む市川の最上流部に存在しているが、送水管は日本海に注ぐ円山川水系多々良木川最上流の多々良木ダム(湖)に繋がっており、太平洋に行くはずだった水を日本海に送る構造になっている。また、多々良木ダムから揚水もしており、日本海に流れるはずの水を太平洋に送る、なんてことも可能にしている。(ただし、黒川ダムの水はもっぱら用水に用いられており、放水はあまりしていないようではあるが。)
播但線(西)側の景色が素晴らしい。
下山時に道迷いをしてしまった以外は良い山行だった。また行ってみたい。

IMG00595_HDR.jpg
黒川神社。紅葉はまだだったが、綺麗な場所であった。
黒川温泉(の食堂)名物「ダムハヤシ」。美味しい。辛くなかった。
山行の詳細な記録。これをベースに近々動画にしたい。


お仕事関係
概算値。400行くかなと思っていたが、残業や休出を抑えていた期間があったのでいかなかった。
給与明細みて再計算したらまた違ってくるのかもしれない。

夏は地獄のような暑さ、冬は凍える寒さである現場から離れる日、ついに終わりの日が見えてきた。
先輩の動向を見るに、最悪30すぎまで現場回っていくのかと覚悟していたが、そうではないらしい。

真面目に作業し、与えられた課題に対して真面目に取り組んできたおかげだと思う。
またメタ視点(思考)でもって、「この作業(課題)はこういった目的で与えられているな、だからこう動こう」と継続的にやってきた成果でもあろう。
(自己解釈であるので間違いはあるのかもしれないが)意味合いを考えて実行する、というのがやはり大切だと思った2年目であった。



ほぼ皆既月食
スマホじゃなくてちゃんとしたカメラ(G1X)で撮ればよかった…
宙に浮かぶ赤い月が幻想的な光景を見せてくれた。



以上。



■追伸

もう少し更新頻度をですねぇ…
タグ:会社
posted by ふおん at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記